管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

第19回チャレンジカップは高橋文也選手が優勝!

6月17日(日)第19回チャレンジカップが釣りキチけん太(群馬県高崎市)で行われ、高橋文也選手がサドンデスを制して優勝した。

 朝の気温は14℃。天候は曇り。水質は川水利用の特色から川藻が池底に繁茂していた為、この日は濃緑のステインカラー。「梅雨時期にしては水温が低く晴れた方が釣り易い」と言うオーナーの言葉どおり、やや難しい状況での大会となった。予選1回、2回は各20分でスタートハンデ付き。実績別にスタート時間を遅らせての放流回となった。初動は放流色のスプーンから入り、反応が薄くなってからはプラグ系統またはボトムへ移行するけん太スタイルの戦術を取る選手が多かった。予選3回、4回は放流なし回。ここもプラグorボトムで通す時間帯となりこの回に釣れるか釣れないかで予選突破の明暗を分けた。5回、6回開始前に放流が入ると再び活性が上がると再び放流カラーのスプーンが活躍。この時間になるとやや雲も明るくなってきて魚も上ずりだすとマイクロでの上の釣り方も通用する時間となった。

 決勝へは9名が進出。決勝前半は予選後半からの流れで上目の活性が高く、Aエリアに入った松本選手が8本、強瀬選手が7本、Bエリアに入った高橋選手が7本を取り後半に折り返す。後半になると上の反応が今ひとつ。ここでボトム、中層に切り替えていった強瀬選手、高橋選手がそれぞれ5本ずつとって合計12本ずつで決勝サドンデスへともつれこんだ。
 決勝サドンデスは2本先取り。幸先よく1本取ったのは巻きの強瀬選手。強瀬選手は続けて2本目のアタリもあったもののここは乗らず。一方の高橋選手は開始2分すぎにボトムで一本を取り、次の一本勝負となった。ここで流れを掴んだのか3本目は高橋選手に。勝利を確信したヒットコール後しっかりキャッチ。チャレンジカップを制した。

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/challengecup/photo/cha019.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

サーモンフィッシング

平成29年(2017年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

2017年募集は9月4日で締め切りました 平成30年(2018年)那珂川サケ有効利用調査はこち

記事を読む

第9回チャレンジカップ、生沼選手がボトムレンジを攻略し優勝!

第9回チャレンジカップが2月22日(日)東山湖フィッシングエリアで開催。生沼選手がボトムレンジを攻略

記事を読む

門松

栃木・年末年始のイベントが盛りだくさん!

栃木県内の管理釣り場、2014-2015年末年始のイベント情報 加賀フィッシングエリア

記事を読む

アカキン

名古屋・アカキンSALE期間12月30日(火)まで

名古屋市北区・トラウト&エリア用品専門店アカキン、SALE期間2014年12月30日(火)まで。

記事を読む

ec_IOSファクトリー

長野・ハーブの里FAでIOSFACTORYイベント。11月23日(日)

長野・ハーブの里FAでIOSFACTORYイベント。 開催日時: 2014年11月2

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

2018年の募集期間は終了しました  那珂川サケ有効利用調査参加

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

2018年の募集期間は終了しました  平成30年(2018年)久

炭焼の杜
1日4人限定のフライ・テンカラ管理釣り場 炭焼の杜

台風一過で暑い日が戻ってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

PAGE TOP ↑