管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

第19回チャレンジカップは高橋文也選手が優勝!

6月17日(日)第19回チャレンジカップが釣りキチけん太(群馬県高崎市)で行われ、高橋文也選手がサドンデスを制して優勝した。

 朝の気温は14℃。天候は曇り。水質は川水利用の特色から川藻が池底に繁茂していた為、この日は濃緑のステインカラー。「梅雨時期にしては水温が低く晴れた方が釣り易い」と言うオーナーの言葉どおり、やや難しい状況での大会となった。予選1回、2回は各20分でスタートハンデ付き。実績別にスタート時間を遅らせての放流回となった。初動は放流色のスプーンから入り、反応が薄くなってからはプラグ系統またはボトムへ移行するけん太スタイルの戦術を取る選手が多かった。予選3回、4回は放流なし回。ここもプラグorボトムで通す時間帯となりこの回に釣れるか釣れないかで予選突破の明暗を分けた。5回、6回開始前に放流が入ると再び活性が上がると再び放流カラーのスプーンが活躍。この時間になるとやや雲も明るくなってきて魚も上ずりだすとマイクロでの上の釣り方も通用する時間となった。

 決勝へは9名が進出。決勝前半は予選後半からの流れで上目の活性が高く、Aエリアに入った松本選手が8本、強瀬選手が7本、Bエリアに入った高橋選手が7本を取り後半に折り返す。後半になると上の反応が今ひとつ。ここでボトム、中層に切り替えていった強瀬選手、高橋選手がそれぞれ5本ずつとって合計12本ずつで決勝サドンデスへともつれこんだ。
 決勝サドンデスは2本先取り。幸先よく1本取ったのは巻きの強瀬選手。強瀬選手は続けて2本目のアタリもあったもののここは乗らず。一方の高橋選手は開始2分すぎにボトムで一本を取り、次の一本勝負となった。ここで流れを掴んだのか3本目は高橋選手に。勝利を確信したヒットコール後しっかりキャッチ。チャレンジカップを制した。

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/challengecup/photo/cha019.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

OZ永井「釣人塾3」~フィッシュサイドハッピーパターン~11月14日(金)開催

ベリーパークinFishon!王禅寺インストラクター永井氏の「釣人塾3」~フィッシュサイドハッピーパ

記事を読む

12/12(土) RAB01&ファンネル試釣受注会開催

12/12(土)群馬県の川場フィッシングプラザにてOfficeZPIの新製品RAB01(Racing

記事を読む

2014みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと水上公園 11月2日(日)開催

みんなで遊ぼうフィッシング祭りinしらこばと水上公園 11月2日(日)開催 開催パンフレット(

記事を読む

no image

チャレンジカップ

チャレンジカップTOPICS 第10回チャレンジカップ(トラウトポンドNOIKE)2015年4月1

記事を読む

東山湖FA

4/11(土),12(日) 東山湖フィッシングエリアにてスミス桜祭り開催

4/11,12の両日に毎年恒例の「スミス桜祭り」が開催されます。 4月中旬の東山湖はまさにベス

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
中西優也
エリアトーナメント2018第10戦GP不忘大会は中西選手が初優勝!

7月8日(日)グリーンパーク不忘(宮城県白石市)でエリアトーナメント2

安島裕仁
釣った鱒1,443尾!エリアトーナメント五頭フィッシングパーク大会は安島裕仁選手が初優勝!

 6月24日(日)五頭フィッシングパーク(新潟県阿賀野市)でエリアトー

180606
2018年GWの年代別アクセス状況

 2018年ゴールデンウィークの管理釣り場ドットコムの年代別アクセス状

第19回チャレンジカップ
第19回チャレンジカップは高橋文也選手が優勝!

6月17日(日)第19回チャレンジカップが釣りキチけん太(群馬県高崎市

no image
釣り場泥土から植栽土への変換技術

泥土の処分でお困りの釣り場向けの情報です。  株式会社アクアグリ

PAGE TOP ↑