管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント・浜名湖FR大会はサドンデスからの大逆転!谷選手が優勝!

1月29日(日)静岡県浜松市西区にある浜名湖フィッシングリゾートでエリアトーナメント2017開幕戦が行われ、谷鉄也選手が予選サドンデス通過からの大逆転で優勝!大会通算2勝目を挙げた。
170105

 朝の気温は4℃も、浜名湖にしては珍しくほぼ無風。今年は試験的に釣り始め時間を8:00に遅らせてスタートとなった。開始早々は前日放流効果もあって良く釣れる時間帯となった。釣れ具合は例年ほどの偏りもなく全体的に釣れた印象。第2ローテは活性が落ち着き、中層からボトム上付近をクランクやバイブレーション系でひっぱり出す時間帯となり第3ローテも似たような展開となった。
170107
  第4ローテ前に途中放流が入ると状況は一転、この時間[25]佐藤孝選手の24本を筆頭にトータル213本と、この日一番のフィーバータイムとなった。その後の第5、6ローテは活性は落ち着いたものの第2、第3に比べては数が伸びる時間帯となった。
170108
 決勝戦は各組上位4人、計16人が進出。西からのそよ風が吹き出したものの、1月にしては13℃と暖かく感じる時間帯。 予選上位が両岸とも南側から場所を選択していく。決勝前半は東岸側の釣果が伸び、予選サドンデスからの勝ち上がりで最後に入場した[10]谷選手が中央付近で8本、西岸のやはり中央あたりに入った[24]瀬木選手が5本と続き、4本の4人が続く。後半は[1]佐藤選手、[3]松田選手のシングルゼッケン組が立て直してきたものの、[10]谷選手が前半の貯金を守り切り、約3年半ぶり2度目の優勝を手にした。
170101

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2017/1701.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

エリアトーナメント千早川大会は安藤文芳選手がレンジを使い分けるテクニックで優勝!

2月5日(日)大阪府千早赤坂村にある千早川マス釣場でエリアトーナメント2017第2戦が開催され、安藤

記事を読む

エリアトーナメント2015第25戦キングフィッシャー・一般エントリー受付中

エリアトーナメント2015第25戦キングフィッシャー・9月15日より一般エントリー受付中です。

記事を読む

エリアトーナメント2015第14戦釣りキチけん太、地元エース松本亮選手が粘り初優勝

エリアトーナメント2015第14戦が5月17日(日)に群馬県高崎市の釣りキチけん太にて行われ、同釣り

記事を読む

ec_hamanako_fr

エリアトーナメント2015第4戦、浜名湖FR大会。1/20(火)よりエントリー開始。

エリアトーナメント2015第4戦、浜名湖FR大会。2015/1/20(火)よりエントリー開始しました

記事を読む

高萩ふれあいの里

エリアトーナメント2015第16戦高萩ふれあいの里エントリー開始!

エリアトーナメント2015第16戦高萩ふれあいの里エントリーを2015年5月5日(火)より開始し

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
吉田一也 2018
エリアトーナメント2018平谷湖大会は吉田選手が逆転優勝で3連覇!

10月21日(日)長野県平谷村の平谷湖フィッシングスポットででエリアト

青木弘文 エリアトーナメント
エリアトーナメント2018足柄CA大会は地元青木選手が優勝!

10月7日(日)エリアトーナメント2018第13戦が足柄キャスティング

2018年(平成30年)プールフィッシング情報

あの暑かった夏が嘘のように、朝夕涼しさを感じるようになりましたね。

1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

PAGE TOP ↑