管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント・浜名湖FR大会はサドンデスからの大逆転!谷選手が優勝!

1月29日(日)静岡県浜松市西区にある浜名湖フィッシングリゾートでエリアトーナメント2017開幕戦が行われ、谷鉄也選手が予選サドンデス通過からの大逆転で優勝!大会通算2勝目を挙げた。
170105

 朝の気温は4℃も、浜名湖にしては珍しくほぼ無風。今年は試験的に釣り始め時間を8:00に遅らせてスタートとなった。開始早々は前日放流効果もあって良く釣れる時間帯となった。釣れ具合は例年ほどの偏りもなく全体的に釣れた印象。第2ローテは活性が落ち着き、中層からボトム上付近をクランクやバイブレーション系でひっぱり出す時間帯となり第3ローテも似たような展開となった。
170107
  第4ローテ前に途中放流が入ると状況は一転、この時間[25]佐藤孝選手の24本を筆頭にトータル213本と、この日一番のフィーバータイムとなった。その後の第5、6ローテは活性は落ち着いたものの第2、第3に比べては数が伸びる時間帯となった。
170108
 決勝戦は各組上位4人、計16人が進出。西からのそよ風が吹き出したものの、1月にしては13℃と暖かく感じる時間帯。 予選上位が両岸とも南側から場所を選択していく。決勝前半は東岸側の釣果が伸び、予選サドンデスからの勝ち上がりで最後に入場した[10]谷選手が中央付近で8本、西岸のやはり中央あたりに入った[24]瀬木選手が5本と続き、4本の4人が続く。後半は[1]佐藤選手、[3]松田選手のシングルゼッケン組が立て直してきたものの、[10]谷選手が前半の貯金を守り切り、約3年半ぶり2度目の優勝を手にした。
170101

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2017/1701.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

竹下貴生選手

エリアトーナメント2015第4戦浜名湖FR、竹下選手がボトムで制す!

2015年2月8日に開催されたエリアトーナメント2015第4戦浜名湖フィッシングリゾート戦を竹下選手

記事を読む

佐藤圭

エリアトーナメント2018第16戦東山湖FA大会はシャイラ1.8gでボトムから。佐藤選手が優勝

11月24日(土)静岡県御殿場市にある東山湖フィッシングエリアでエリアトーナメント2018第16戦が

記事を読む

エリアトーナメント2015第12戦松田圭司選手が初勝利!

エリアトーナメント2015 第12戦は4月26日(日)滋賀県・醒井養鱒場で行われ、松田圭司選手がミノ

記事を読む

出口慶子

エリアトーナメント2016第10戦五頭フィッシングパーク、出口慶子選手9年目の勝利!

 5月15日、新潟県阿賀野市にある五頭フィッシングパークでエリアトーナメント2016第10戦が開催、

記事を読む

エリアトーナメント2015第26戦レイクフォレスト 一般エントリー受付中です

エリアトーナメント2015第26戦レイクフォレスト・9月29日より一般エントリー受付中です。

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑