管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント千早川大会は安藤文芳選手がレンジを使い分けるテクニックで優勝!

2月5日(日)大阪府千早赤坂村にある千早川マス釣場でエリアトーナメント2017第2戦が開催され、安藤文芳選手(三重)が中層レンジをチェイサー06、ピリカ07、ボトムレンジをダートランと交互に繰り返していくことで魚をスレさせずに釣果を重ねて、約4年ぶり2度目の優勝を手にした。
170205
朝の気温は4℃。水は底石まで見えるクリア~ステイン。6時の受付開始頃から雨が降り出すという生憎の天気。予選開始直後の放流魚は中層から下への反応が良く、アタリはそこそこあったもののスローバイト。フッキングするにはひと工夫が必要な放流回となった。その後の第2~3ローテも中~下付近の反応はまずまずあって平均5~6本の釣果が出た。途中放流後の第4ローテは放流魚は前半に比べて素直な反応。その後は場所差があったものの平均3~5本台の釣果が出た。
170206
決勝トーナメントは18人が進出。準準決勝は1組4~5人中2人が勝ち上がり。放流も入った事で再び釣果は上がった。準決勝は4人中2人あがりで決勝戦へは4人が勝ち上がった。決勝戦の時間はいわゆる「ストロングパターンがないパターン」。スプーン、クランク、ミノーなど、どれを使ってもそれなり反応が返ってくる時間帯となり、各選手のルアーローテーションの組み立て方が勝敗を分けた。スプーン、クランクで異なるレンジをトレース。魚をスレさせない繊細な釣りを心がけた安藤選手が13年3月の浜名湖FR大会以来となる2勝目を挙げた。

170201

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2017/1702.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

エリアマスターズ2015、最終戦からの勢いのままに佐野亘彬選手が優勝!

管理釣り場ドットコム・エリアマスターズ2015が11月29日(日)滋賀県・醒井養鱒場で開催され、佐野

記事を読む

エリアトーナメント第16戦高萩ふれあいの里、指宿選手がトップウォーターで冴え2年連続優勝!

エリアトーナメント第16戦高萩ふれあいの里が5月31日(日)に開催。山梨・指宿侑帆選手がトップウォー

記事を読む

指宿侑帆

エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンクチュアリ(三重県いなべ市)で行

記事を読む

ec_横手

エリアトーナメント2015第2戦ならやま沼。横手選手が13年目の嬉しい初勝利!

エリアトーナメント2015第2戦ならやま沼漁場が1月24日(土)行われ、横手里望選手(東京)が初参加

記事を読む

エリアトーナメント2016第16戦群馬FC中ノ沢、狩野選手が初優勝!

7月31日(日)、群馬県前橋市にある群馬フィッシングセンター・中ノ沢でエリアトーナメント2016第1

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑