管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

この時期の五頭はポッパーでトップウォーター釣り!根本選手が初優勝!

5月28日(日)、新潟県阿賀野市の五頭フィッシングパークでエリアトーナメント2017第9戦が行われ根本秦春選手(福島)がポッパーを駆使してトップウォーターを制し初優勝を手にした。

 朝の気温は13℃。天候は曇り。灰色の低い雲が五頭山の稜線を隠す。水は中透明なオリーブ色がかったステインカラーと、なかなか釣果が出そうな状況の中予選は始まる。
 予選はABA3回戦Wジャッジ方式。総釣果の多い順で上位4名が決勝に進出する。前半第1ローテは恒例の爆釣タイム。例年アウト側が釣果が上がる傾向にあったが、今年は事務所寄りのイン側の釣果が伸びた。後半ローテもまだ強気に放直スプーンが活躍する時間帯。前半第2ローテ頃からは雨が降ったり止んだりの天気。魚は上を意識しているのかポッパー系への反応が良く、長身系のクランク(ココニョロ、なぶクラ等)も中層域で反応が良かった。


  決勝は16人が進出。準々決勝・決勝はは4人中2人上がりで決勝へは4人が勝ちあがった。決勝は序盤は4名とも幸先よく一本を上げて平たいスタートとなったものの、[6]池選手、[25]根本選手のポッパーをスキップさせて水しぶきを上げる釣方が効果的で次第に数を離していき、長身系のクランクを使う[10]安藤、[32]佐藤真選手が追う展開となり前半を折り返す。後半になると序盤はまだポッパーのスプラッシュが効いていたものの、中盤以降やや失速気味となり[6]池、[25]根本選手も長身系クランクに切り替えて数を伸ばす。結果、安定感ある釣りで釣果を重ねた[25]根本選手が3本差のリードを保ち、ホームで初優勝を手にした。

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2017/1709.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

エリアトーナメント2015第13戦東山湖FA、ALl1on1深澤宏樹選手が初優勝

エリアトーナメント2015第13戦が5月10日(日)に東山湖フィッシングエリアで開催、山梨の深澤宏樹

記事を読む

エリアトーナメント第26戦五頭フィッシングパーク

エリアトーナメント2014 第26戦 2014年 10月26日(日) エントリーは10月7日(

記事を読む

エリアトーナメント2019ウォーターパーク長瀞大会は松田選手が

 3月10日(日)ウォーターパーク長瀞(埼玉県皆野町)でエリアトーナメント2019第4戦が行われ、松

記事を読む

エリアトーナメント

エリアトーナメント2014、年間ポイント確定。伊藤雄大選手が4年連続の総合優勝。

エリアトーナメント2014、年間ポイント確定いたしましたので発表いたします。年間優勝は163ポイント

記事を読む

エリアトーナメント2015第20戦グリーンパーク不忘、松本文雄選手が里帰りV

エリアトーナメント2015第20戦グリーンパーク不忘が7月5日(日)に開催。松本文雄選手がサドンデス

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑