管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

この時期の五頭はポッパーでトップウォーター釣り!根本選手が初優勝!

5月28日(日)、新潟県阿賀野市の五頭フィッシングパークでエリアトーナメント2017第9戦が行われ根本秦春選手(福島)がポッパーを駆使してトップウォーターを制し初優勝を手にした。

 朝の気温は13℃。天候は曇り。灰色の低い雲が五頭山の稜線を隠す。水は中透明なオリーブ色がかったステインカラーと、なかなか釣果が出そうな状況の中予選は始まる。
 予選はABA3回戦Wジャッジ方式。総釣果の多い順で上位4名が決勝に進出する。前半第1ローテは恒例の爆釣タイム。例年アウト側が釣果が上がる傾向にあったが、今年は事務所寄りのイン側の釣果が伸びた。後半ローテもまだ強気に放直スプーンが活躍する時間帯。前半第2ローテ頃からは雨が降ったり止んだりの天気。魚は上を意識しているのかポッパー系への反応が良く、長身系のクランク(ココニョロ、なぶクラ等)も中層域で反応が良かった。


  決勝は16人が進出。準々決勝・決勝はは4人中2人上がりで決勝へは4人が勝ちあがった。決勝は序盤は4名とも幸先よく一本を上げて平たいスタートとなったものの、[6]池選手、[25]根本選手のポッパーをスキップさせて水しぶきを上げる釣方が効果的で次第に数を離していき、長身系のクランクを使う[10]安藤、[32]佐藤真選手が追う展開となり前半を折り返す。後半になると序盤はまだポッパーのスプラッシュが効いていたものの、中盤以降やや失速気味となり[6]池、[25]根本選手も長身系クランクに切り替えて数を伸ばす。結果、安定感ある釣りで釣果を重ねた[25]根本選手が3本差のリードを保ち、ホームで初優勝を手にした。

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2017/1709.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

ec_hamanako_fr

エリアトーナメント2015第4戦、浜名湖FR大会。1/20(火)よりエントリー開始。

エリアトーナメント2015第4戦、浜名湖FR大会。2015/1/20(火)よりエントリー開始しました

記事を読む

安藤文芳

エリアトーナメント2017・五頭FP大会は安藤選手が優勝!

10月15日(日)新潟県阿賀野市にある五頭フィッシングパークでエリアトーナメント2017第16戦が開

記事を読む

1614ec松田

エリアトーナメント2016第14戦で松田憲司選手今期3勝目。

7月3日(日)宮城県白石市、グリーンパーク不忘でエリアトーナメント2016第14戦が開催され、東京・

記事を読む

エリアトーナメント2015第17戦五頭フィッシングパーク、伊藤雄大選手が通算20回目の優勝

エリアトーナメント2015第17戦が6月7日に新潟県、五頭フィッシングパークで開催され、伊藤雄大選手

記事を読む

エリアトーナメント2015第13戦東山湖ALL1on1エントリー開始!

エリアトーナメント2015第13戦東山湖ALL1on1、本日2015年4月14日よりエントリー開始し

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
青木弘文 エリアトーナメント
エリアトーナメント2018足柄CA大会は地元青木選手が優勝!

10月7日(日)エリアトーナメント2018第13戦が足柄キャスティング

2018年(平成30年)プールフィッシング情報

あの暑かった夏が嘘のように、朝夕涼しさを感じるようになりましたね。

1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

2018年の募集期間は終了しました  那珂川サケ有効利用調査参加

PAGE TOP ↑