管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2017最終戦平谷湖大会は吉田選手が前年に続き連覇達成!

公開日: : エリアトーナメント , ,

11月3日(祝)長野県平谷村の管理釣り場、平谷湖フィッシングスポットでエリアトーナメント2017最終戦が行われ、吉田一也選手が前年に続き優勝、2連覇を達成した。

1717平谷湖大会

 朝の気温は0℃。水はステインカラー。天候は雲一つない快晴。紅葉の進んだ林に囲まれた中、2017の最終戦が行われた。予選第1ローテは恒例の爆釣タイム。[10]川瀬選手の38本を筆頭に30本台が連発した。第2ローテも放流魚が残り[22] 猪子(史)選手の22本。第3ローテは場所差が出たが[12]伊東選手が17本を出した。今回、第4ローテ前に放流が入ると活性が戻り[27]塩沢選手が30本を出すと、第5ローテも[20]秋田、[12]伊東両選手が16本、第6ローテは[2]松田選手が13本と釣れる予選となった。
171706平谷湖
 決勝は12人が進出。準決勝戦は4人中2人上がりを経て、決勝は6名で行われた。その中には今期総合得点トップの[1]出口選手と逆転の可能性を残す[7]安藤選手もいた。10分x3の総釣果で争われた決勝戦、第1ローテは[1]出口選手が5本を取って1歩リードするも、第2ローテで[4]吉田選手が追いつき10本で並び、2本差の8本で[7]安藤選手が追う展開となる。第3ローテは厳しい時間となったが、[7]安藤選手が2本を追加したものの、[1]出口、[4]吉田両選手ともに1本を追加し、出口選手は総合優勝を確定させてサドンデス戦にもつれ込む。
 サドンデスは[4]吉田選手が先取すると続けて追加し勝利。平谷湖大会連覇を達成した。
171701平谷湖

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2017/1717.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

エリアトーナメント2019

エリアトーナメントFF中津川大会、令和最初の優勝は地元小林考至選手!

 5月12日(日)フィッシングフィールド中津川(神奈川県愛川町)でエリアトーナメント2019第8戦が

記事を読む

松本文雄

エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不忘(宮城県白石市)行われ、松本

記事を読む

廣瀬隆

エリアトーナメント2018第7戦はホームで廣瀬選手が初優勝!

5月20日(日)エリアトーナメント2018第7戦が群馬県前橋市の群馬フィッシングセンター中之沢で行わ

記事を読む

エリアトーナメント2015第14戦釣りキチけん太、地元エース松本亮選手が粘り初優勝

エリアトーナメント2015第14戦が5月17日(日)に群馬県高崎市の釣りキチけん太にて行われ、同釣り

記事を読む

NOIKE 大野選手

エリアトーナメント2018第4戦トラウトポンドNOIKE大会は大野選手が初優勝!

 3月25日(日)千葉県千葉市にあるトラウトポンドNOIKEでエリアトーナメント2018第4戦が行わ

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑