管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント、釣りキチけん太大会は64歳、池選手が約13年ぶり2度目の優勝!

 4月8日(日)群馬県高崎市にある釣りキチけん太でエリアトーナメント2018第5戦が行われた。優勝は今年64歳、池淳一選手(新潟)。約13ぶり2度目の優勝となった。
エリアトーナメント2018

朝の気温3℃。周囲の公園の桜は既に落ちているもののいわゆる花冷えの日。朝のうちは風もなく曇りがちの空模様。池の水は底石が見える程度にクリアー。そんな状況下で大会はスタートした。第1ローテは放流が入り好反応。特に山側Aエリア側の釣果が伸びた。続く第2、3ローテも魚は、ここ最近の冷え込みを全く意に介さず反応は全体的に良かった。各選手思い思いの得意パターンで数が伸ばす、という春らしい「ストロングパターンがないパターン」となった。第4ローテ前に放流が入ると放直パターンとなるがこの回の放流はさほど続かなかず、再び各選手とも得意パターンで数を伸ばしていく時間となった。
エリアトーナメント2018
決勝戦は各エリア上位3名が進出。12人によってAB各25分x2で行われた。この時間になると風が出てきて水面がやや荒れる場面も見られた。前半は[18]池選手がAエリア最上流で9本と大きくリード。B側の中ほどに入った[9]指宿選手が6本で2位に付け後半へと続く。後半エリアチェンジ後も[18]池選手はB側最上流に入ると中層&トップで9本を追加。[9]指宿選手はA側最下流でボトムで10本を追加し計16本。去年優勝の[12]高野選手もA側最上流で10本を追加するも計14本で届かず、結局前後半18本を取った池選手が2005年4月23日に行われた東北フィッシングパーク大会以来、約13年ぶりとなる優勝を手にした。また大会最年長優勝記録を更新した。

エリアトーナメント2018

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2018/1805.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

エリアトーナメント千早川大会は安藤文芳選手がレンジを使い分けるテクニックで優勝!

2月5日(日)大阪府千早赤坂村にある千早川マス釣場でエリアトーナメント2017第2戦が開催され、安藤

記事を読む

エリアトーナメント2015第27戦五頭フィッシングパーク。伊藤雄大選手が優勝し5年連続総合優勝に大きく前進

10月24日(日)エリアトーナメント2015第27戦五頭フィッシングパーク大会が行われ、伊藤雄大選手

記事を読む

エリアトーナメント2016最終戦トラウトポンドNOIKEは9年目高木選手が初優勝!

11月27日(日)トラウトポンドNOIKE(千葉市若葉区)でエリアトーナメント2016第22戦(最終

記事を読む

エリアトーナメント第3戦前橋フィッシングパークは松田憲司さんが優勝!

2月7日(日)に群馬県前橋市にある前橋フィッシングパークでエリアトーナメント第3戦が開催され、東京都

記事を読む

1614ec松田

エリアトーナメント2016第14戦で松田憲司選手今期3勝目。

7月3日(日)宮城県白石市、グリーンパーク不忘でエリアトーナメント2016第14戦が開催され、東京・

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
吉田一也 2018
エリアトーナメント2018平谷湖大会は吉田選手が逆転優勝で3連覇!

10月21日(日)長野県平谷村の平谷湖フィッシングスポットででエリアト

青木弘文 エリアトーナメント
エリアトーナメント2018足柄CA大会は地元青木選手が優勝!

10月7日(日)エリアトーナメント2018第13戦が足柄キャスティング

2018年(平成30年)プールフィッシング情報

あの暑かった夏が嘘のように、朝夕涼しさを感じるようになりましたね。

1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

PAGE TOP ↑