管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2018足柄CA大会は地元青木選手が優勝!

10月7日(日)エリアトーナメント2018第13戦が足柄キャスティングエリア(神奈川県南足柄市)で行われ、地元神奈川の青木弘文選手が初優勝を手にした。
エリアトーナメント2018

 朝の気温は25℃。水はオリーブ系濃いめのステインカラー。朝のうちは適度に雲がかかっていたものの中盤以降は快晴で時季外れの暑い日となった。予選は3人一組での総当たり戦を2セット行い、勝ち点上位者が決勝戦に進む方式ですすめられた。第1ローテは放流回。今回は適度な水の濁りと先週の台風の影響で水量が改善された事で活性が持続する放流回となった。第2ローテ以後はアウト側の1番2番は活性が残り、スプーン、プラグの上中下、ウォブの大小変化などの変化と引き出しの多さが勝敗を分けた。

エリアトーナメント2018
 対戦組み換え後の放流回はイン側6番に釣果が集まった。その後は前半同様、表層、ボトム、中層クランクを適度にローテーションさせると反応が見られた
決勝トーナメントは予選上位8人が進出。準決勝を経て決勝戦は4人で行われた。この頃になるとさざなみ立つ強めの南西風が出てきて、竿を立てるとラインが風で押されて表層の釣りが難しい状況となった。そんな中、辛抱強く[10]青木選手と[17]原選手が2本を釣りあってサドンデスに突入した。試合が動き出したのは開始約5分後、先に青木選手が1本先取(動画36:40)すると原選手も中層バンプで追いつく(動画37:36)、しかし即座に青木選手が追加し(動画38:10)ゲームセット。地元神奈川で初優勝を遂げた。

エリアトーナメント2018

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2018/1813.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

エリアマスターズ2017醒井大会、ホームの八塚選手が優勝!

12月3日。2017年を締めくくるエリアマスターズ2017が滋賀県米原市の醒井養鱒場で行われ、醒井を

記事を読む

東山湖・エリアトーナメント

エリアトーナメント2015第1戦エントリー受付開始(オープンエントリー)

エリアトーナメント2015第1戦のエントリー受付を開始しました。1年の計は初戦にあり。第1戦は例年同

記事を読む

1614ec松田

エリアトーナメント2016第14戦で松田憲司選手今期3勝目。

7月3日(日)宮城県白石市、グリーンパーク不忘でエリアトーナメント2016第14戦が開催され、東京・

記事を読む

エリアトーナメント2015第11戦東山湖FA・春エントリー開始

エリアトーナメント2015第11戦東山湖フィッシングエリア・春、本日2015年3月24日よりエントリ

記事を読む

エリアマスターズ2015、最終戦からの勢いのままに佐野亘彬選手が優勝!

管理釣り場ドットコム・エリアマスターズ2015が11月29日(日)滋賀県・醒井養鱒場で開催され、佐野

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
青木弘文 エリアトーナメント
エリアトーナメント2018足柄CA大会は地元青木選手が優勝!

10月7日(日)エリアトーナメント2018第13戦が足柄キャスティング

2018年(平成30年)プールフィッシング情報

あの暑かった夏が嘘のように、朝夕涼しさを感じるようになりましたね。

1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

2018年の募集期間は終了しました  那珂川サケ有効利用調査参加

PAGE TOP ↑