管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2019ウォーターパーク長瀞大会は松田選手が

 3月10日(日)ウォーターパーク長瀞(埼玉県皆野町)でエリアトーナメント2019第4戦が行われ、松田選手がハント0.9gなどを使い、春で浮きだした魚を巧みに誘い勝利した。

エリアトーナメント 2019

 池の水はオリーブ系のステイン~マッッディ色。気温は3℃。朝のうちは風はなく霞がかかったような花曇りという状況の中、予選は始まった。3人1組による勝ち点方式で行われた第1ローテは放流こそなかったものの魚のストックが多い池らしく中層~表層レンジで反応が良かった。最初は池の色の濃さからアピール色の1.5g前後のスプーンを使う選手が多かったが、第2ローテ頃からは徐々に2nd色~3rd色スプーン、またはミディアムクランクなどを使う選手も見受けられた。
 予選後半の第4ローテ開始前に放流が入るも、釣れ方は前半と同じく淡々とした様子。時間が進むにつれ放流魚が回遊しだしたのか1人が釣ると隣同士で釣れるシーンも多く見られ、魚が入ってくるタイミングで得点を伸ばせるかが勝負の分かれ目となるという、まさに魚が動き出す春の池らしい予選となった。

エリアトーナメント ウォーターパーク長瀞

 決勝トーナメントは16人が進出。4人1組の勝ち上がり方式で準準決勝で16→8人、準決勝8→4人、決勝は4人で行われた。この時間になると風速2m程度の適度な風が入り池はさらに釣り易い状況になった。決勝開始直後、共に準決勝後半でパターンを掴んで1位通過した[22]星選手、[24]松田選手の両選手によるマッチレースの展開に。前半を1本差で折り返した[24]松田選手が後半さらに1尾差をつけ勝利。昨年8月のサンクチュアリ大会以来となる通算6勝目を挙げた。

エリアトーナメント ウォーターパーク長瀞

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2019/1904.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

安島裕仁

釣った鱒1,443尾!エリアトーナメント五頭フィッシングパーク大会は安島裕仁選手が初優勝!

 6月24日(日)五頭フィッシングパーク(新潟県阿賀野市)でエリアトーナメント2018第9戦が行われ

記事を読む

エリアトーナメント2014第28戦・吉田選手が今期2勝目!

エリアトーナメント2014第28戦が、神奈川県フィッシングフィールド中津川で行われた。予選途中で少量

記事を読む

エリアトーナメント2015第26戦レイクフォレスト 一般エントリー受付中です

エリアトーナメント2015第26戦レイクフォレスト・9月29日より一般エントリー受付中です。

記事を読む

エリアトーナメント千早川大会は安藤文芳選手がレンジを使い分けるテクニックで優勝!

2月5日(日)大阪府千早赤坂村にある千早川マス釣場でエリアトーナメント2017第2戦が開催され、安藤

記事を読む

安藤文芳

エリアトーナメント2018第3戦浜名湖FR大会は安藤選手が優勝!

2月4日(日)エリアトーナメント2018第3戦が浜松市西区浜名湖フィッシングリゾートで開催され、安藤

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

佐藤功典
エリアトーナメント2019 五頭FP春大会は佐藤選手が7本差を一気にマクって逆転優勝!

 5月26日(日)五頭フィッシングパーク(新潟県阿賀野市)でエリアトー

エリアトーナメント2019高萩大会は中村選手が初優勝!

 5月19日、高萩ふれあいの里(茨城県高萩市)でエリアトーナメント20

エリアトーナメント2019
エリアトーナメントFF中津川大会、令和最初の優勝は地元小林考至選手!

 5月12日(日)フィッシングフィールド中津川(神奈川県愛川町)でエリ

PAGE TOP ↑