管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2019東山湖大会は細矢選手が初優勝!

4月7日(日)静岡県御殿場市、東山湖フィッシングエリアでエリアトーナメント2019第6戦が行われ、池全周の桜が咲きほこる中、細矢翔斗選手がクランクパターンで決勝第3ローテで逆転劇を見せ初優勝を手にした。


 池の水はオリーブ系のマッッディ色。朝の気温は7℃。水温15℃。天候は快晴。東北東の微風。朝のうちこそ肌寒さを感じるものの日中は春らしい過ごしやすい時期。池の周囲の桜は6~7分咲きと東山湖が最も良い時期での大会となった。予選は3人1組による総当たりを2回行い、その勝ち点によって競われた。場所によって多少のムラはあるものの池全体としてはクランクがストロングパターン。前日放流のコーホーサーモンの上層回遊待ちと、中~低層付近のステイ狙い、いずれかがメインとなるパターンとなった。


 組み合わせ変更後の中盤以後は南からの風速4~6mの強めの風が入るようになる。東ワンド側はクランクをキャストするとかなり風に押し戻される状況になったが、それでもショートレンジで工夫しながら釣果を伸ばすシーンが見られた。
 決勝トーナメントは12人が進出。準決勝は4人中2人勝ち上がりx3組を経て決勝戦は6人が勝ち上がり、10分x3ローテーションで行われた。最初の1ローテは[4]伊藤選手が3本を取り頭一つリードするが他選手も0スコアはなく接戦の様相になる。続く第2ローテは[5]染谷選手が追いついて最終第3ローテに突入する。[5]染谷選手はここでも2本を追加し安定感を見せるが、この回[20]細矢選手が一気に4本を追加し一気に逆転に成功。桜が咲き誇る東山湖で初優勝を手にした。

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2019/1906.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

ec_ならやま

エリアトーナメント2015第2戦ならやま沼漁場エントリー、1月6日(火)より受付開始

エリアトーナメント2015第2戦ならやま沼漁場エントリー、2015年1月6日(火)より受付開始します

記事を読む

エリアトーナメント2015第17戦五頭フィッシングパーク、伊藤雄大選手が通算20回目の優勝

エリアトーナメント2015第17戦が6月7日に新潟県、五頭フィッシングパークで開催され、伊藤雄大選手

記事を読む

エリアトーナメント2015第20戦グリーンパーク不忘、松本文雄選手が里帰りV

エリアトーナメント2015第20戦グリーンパーク不忘が7月5日(日)に開催。松本文雄選手がサドンデス

記事を読む

佐藤功典

エリアトーナメント2019 五頭FP春大会は佐藤選手が7本差を一気にマクって逆転優勝!

 5月26日(日)五頭フィッシングパーク(新潟県阿賀野市)でエリアトーナメント2019年シリーズ第1

記事を読む

田中英樹 エリアトーナメント

エリアトーナメント2017第13戦足柄キャスティングエリアは地元田中さんが優勝!

9月10日(日)エリアトーナメント2017第13戦足柄キャスティングエリア大会が行われ、地元の田中陽

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑