管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエリアトーナメント2018第11戦が行われ、松田憲司選手(東京)が3人による決勝サドンデスを制して優勝した。

181105

 朝の気温は26℃。水温16℃。水は底の藻色のグリーンが涼やかに見えるクリアーウォーター。朝から雲ひとつなく酷暑を予感させる。予選は5人による総当たり戦で行った。第1、5、8回が放流回で参加者が最低1回は放流回にあたる設定で行われた。朝イチの放流回はアウトの方が釣れたが、中盤は真ん中あたり、後半の放流は休憩所側とその回ごとの偏りはあったものの、予選を通じて同じところに釣果が偏る事はなかった。

181106
 決勝トーナメントへは、各組上位2名が進出。準決勝は18人で各組3人x6か所に割り振られ3ローテx8分によって争われ、その中から上位1名が決勝へと進んだ。
 決勝は3ローテx10分で行われた。ファーストヒットは2016年優勝の[10]高橋選手が取って連覇に向けて幸先の良いスタート。その後テンポよく[47]新保選手が釣ると、たて続け3連チャンで[17]松田選手が共に3本ずつ取ると流れを引き寄せる。続く第2ローテはアウト寄りに入った[42]伊東選手が7本、[17]松田選手も6本を取り一気に突き放す。第3ローテになると今度は[45]岡本選手が6本を取り一気に追い込みをかけると、なんと集計の結果合計12尾に[17]松田、[42]伊東、[45]岡本の3人が並びサドンデスに突入する。
しかしサドンデスはアウト側に入った[17]松田選手が開始早々に電光石火で2本を取って幕切れ。16年グリーパーク不忘以来となる2年1月ぶりの優勝を手にした。
181101

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2018/1811.htm

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

関連記事

ec_サンクチュアリ

エリアトーナメント2015第3戦サンクチュアリ、1月13日(火)よりエントリー受付開始しました

エリアトーナメント2015第3戦サンクチュアリ、1月13日(火)よりエントリー受付開始しました。

記事を読む

廣瀬隆

エリアトーナメント2018第7戦はホームで廣瀬選手が初優勝!

5月20日(日)エリアトーナメント2018第7戦が群馬県前橋市の群馬フィッシングセンター中之沢で行わ

記事を読む

エリアトーナメント2018・第2戦

エリアトーナメント2018第2戦・座間養魚場大会は田中選手が優勝!

1月21日(日)千葉県柏市の座間養魚場でエリアトーナメント2018第2戦が開催され、田中英樹選手(ヤ

記事を読む

エリアマスターズ2017醒井大会、ホームの八塚選手が優勝!

12月3日。2017年を締めくくるエリアマスターズ2017が滋賀県米原市の醒井養鱒場で行われ、醒井を

記事を読む

エリアトーナメント2015第12戦松田圭司選手が初勝利!

エリアトーナメント2015 第12戦は4月26日(日)滋賀県・醒井養鱒場で行われ、松田圭司選手がミノ

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2018年8月20日(月)より9月3日

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 平成30年(2018年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協

炭焼の杜
1日4人限定のフライ・テンカラ管理釣り場 炭焼の杜

台風一過で暑い日が戻ってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

PAGE TOP ↑