※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

お知らせ

お知らせ

多摩川に天然鮎の遡上ピークに

 東京湾から多摩川に遡上する天然鮎(江戸前鮎)が5月中旬ピークを迎えている。鮎はかつて多摩川を代表する魚だったが高度成長期の水質汚染が原因で遡上が途絶えた。今は下水道の整備に伴い多摩川をはじめ、鮎が仔稚魚期を過ごす羽田州周辺など多摩川に接続する近海の水質は改善し、東京都島しょ農林...
お知らせ

栃木・Fishing park Arcus pondが4月29日オープン!

栃木県宇都宮市・Fishing park Arcus pondが2016年4月29日にオープン! Fishing park Arcus pond(アルクスポンド)は栃木県宇都宮市の鬼怒川沿いに出来たフィッシングポンド。と言っても管理釣り場ファンならおなじみのロデオフィッ...
お知らせ

釣り場での盗難事件が増えているようです。ご注意を!

最近、全国各地の釣り場にて盗難事件が発生したと耳にすることが多くなってしまいました。 準備を済ませて釣券を買いに行っている間やランチの合間、トイレに行っている隙に・・等々。 アングラーの皆さん、大切なタックルを盗難から守りましょう。 タックルはなるべくひとま...
お知らせ

河川でサクラマス

2016年サクラマス解禁情報 新潟県のサクラマス解禁 新潟県内水面漁連ホームページ ●三面川 募集期間 平成28年2月1日~2月15日 抽選日 平成28年2月20日 〒958-0862 村上市若葉町15-1 三面川鮭産漁業協同組合 電話:0254-52-375...
お知らせ

2/27 新宿NekedLoftにて釣人塾vol.5開催

2016年2月27日(土)18:00~21:00 新宿 NekedLoft にてプロフェッサー永井こと 永井浩明氏(ベリーパークinフィッシュオン!王禅寺インストラクター)によるトークライブが開催されます。 Vol.5のお題は「フッキングの秘密講座」 映像をもとに、...
お知らせ

木戸川で鮭有効利用調査再開に向けた試験調査を実施・福島

東京電力福島第1原発事故による避難指示が9月に解除された福島県楢葉町を流れる木戸川で地元漁師によるサケ漁が再開された。サケ漁再開とともに「木戸川鮭有効利用調査」再開に向けての取り組みも着々と進行している。 木戸川漁業協同組合では平成27年10月31日と11月1日の2日間、試...
お知らせ

平成27年・那珂川サケ有効利用調査参加者を募集

平成28年(2016年)応募要項はこちら 応募は2015年9月4日まで(消印有効) 茨城県、那珂川サケ有効利用調査参加者を2015年8月24日(月)より9月4日(金)まで那珂川漁業協同組合が募集する。今回茨城県水戸市内を流れる那珂川では初のサケ有効利用調査となり、茨城県内...
お知らせ

長野・あのCMやドラマでもおなじみ「安曇野の水車小屋」にも近いあずみのフィッシングセンター

 あずみのフィッシングセンターは長野県安曇野市穂高地区にあるルアーフライとニジマスエサ釣りが楽しめる施設。あのCMやドラマでもおなじみ「安曇野の水車」にもほど近く、また晴れていれば穂高をはじめとする北アルプスの山々をのぞむことができ、日本の管理釣り場で一番ロケーションが良い釣り場...
お知らせ

新潟・夏でも好コンディションが期待できる八海フィッシングスペース

八海フィッシングスペースは新潟県魚沼市にあるルアーフライ専門の管理釣り場。三国川ダムから下る三国川と五十沢川の合流付近にある。 釣り池はひとつで釣り場としては決して大きいとは言えないが、水は清涼感ある沢水がはいり、夏場でもニジマスの適水温を保っているのでコンディショ...
お知らせ

栃木・トラウトフィッシングの歴史にふれる湖、奥日光湯の湖

 湯の湖と湯川は1902年(明治35年)にイギリス商人トーマス・グラバーが日本で初めてカワマス(ブルック)を放流しイギリス式の釣りを伝えたことから、日本におけるフライフィッシングの聖地と言われている。それと同時にトラウト類を放流して、ゲームフィッシングを楽しむという、現在の方式で...
話題

近畿大学がウナギ味のなまずの蒲焼の開発に挑戦!

 マグロの養殖技術で注目されている近畿大学が、今度は「ウナギ味のナマズ」を開発しているという。  近畿大学農学部・有路准教授と鹿児島の養殖業者が取り組む「ウナギ味のナマズ」は和ナマズに脂質の多いエサを与え、もともと淡白な味のナマズを日本人好みの脂がのった身へと成長させるというも...
話題

水を調べれば魚の棲息状態がわかる環境DNA

川や海の水を調べれば、そこに棲む様々な魚種や、その数までもがわかるという「環境DNA」という技術が注目されています。日本独自の進化を遂げた技術で、現在では絶滅が危惧されている生物の保護や水産への応用が期待されています。 水中の微量なDNAを手掛かりに  なぜ水を調べれば棲...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました