※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

チャレンジカップ・キングフィッシャー大会は馬場太陽選手が優勝

3月12日(日)栃木県大田原市キングフィッシャーで第14回チャレンジカップが開催され、馬場太陽選手(福島)が予選・決勝とも安定した釣果で優勝した。
c1405
 朝の気温は-4℃。天候は快晴、水質はほぼクリアー。ガイドが凍るおそれがあるため開始時刻を7時10分に遅らせての開始となった。第1、第2ローテは放流回。朝の冷え込みがあったものの普段からこの冷え込みに慣れている魚にはほぼ影響なし。B前半組に入った[18]鈴木貴選手の18本を筆頭にスタートダッシュの2ケタ釣果も頻出した。続く第3、4ローテは放流こそ入らなかったものの中活性状態が持続。[25]馬場選手の11本を筆頭に、レンジ下目で底付近からの巻き上げイメージで強気カラーで放流残りの魚を狙えた。第5、6ローテは再び放流回。[9]中田選手の17本を筆頭に予選通過を賭けての一発逆転シーンも各組で見られた。
c1406
 決勝戦へは各組上位2名計12名が進出した。決勝前放流こそなかったものの予選中からの放流で魚は溜まっており、各選手とも放流魚の残りを追いかける展開になる。この状況下、前半、後半戦とも10本ずつまとめた [25]馬場太陽選手が2位に4本差をつけ、チャレンジカップを制した。
 大会後は表彰式とジャンケン大会が行われ、協賛企業各社の商品が参加者全員に配られた。
c1401

大会ページ

第14回チャレンジカップ | 管理釣り場ドットコム

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

タイトルとURLをコピーしました