管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2015第14戦釣りキチけん太、地元エース松本亮選手が粘り初優勝

エリアトーナメント2015第14戦が5月17日(日)に群馬県高崎市の釣りキチけん太にて行われ、同釣り場エースの松本亮選手(群馬)が2位に1尾差で粘り勝ち、うれしい初優勝。

151405

 ポンドの濁りはステインウォーター。前日冷たい雨が降ったことで状況が変わるか心配されたが、大きな変動はなかったようだ。時期的に川藻が発生しており微妙なアタリを選別しながらという難しいコンディションに加え、予選中はピーカン&ほぼ無風というタフコンディション。1尾を捻り出すテクニックを求められる予選となった。
 予選開始後はアウト側を中心に釣果が伸びる。しかし次の第2~3ローテはアウト側が続かず、イン側でアンダー1gのスプーンかクランクベイトなど。 放流後の第4ローテは放直パターンになるが、第5、第6ローテはまたイン側が伸びた。

151406

 決勝は12人が進出、AB各エリアを1回ずつまわり総釣果数を競う。前半山側のインよりに入った[27]松本亮選手が前半10本とスタートダッシュを決め、2位以下に4本差をつけ勝負あったか?と思わせる展開に。しかし後半戦ドラマが待っていた。前半4本と中団につけていた[1]伊藤雄大選手が沈み石付近の反応が良いとみるや果敢に場所移動すると追撃開始。[1]伊藤雄大選手は沈み石のポイントで7本と猛追するが[33]松本選手も手こずりながらも2尾を追加。からくも1尾差で逃げ切りホームグラウンドで初優勝を手にした。2位には前半4本、後半7本を取った[1]伊藤選手と、前半6本、後半5本を取った[31]黒田将史選手が共に11本で表彰台に並んだ。

151401

優勝者プロフィール

松本 亮(まつもと りょう)Ryo Matsumoto
池の水を抜いたときなど、沈み石の位置をマメにチェックするという研究熱心なアングラー

関連記事

茂木健

エリアトーナメント2018第1戦東山湖FAは茂木選手初優勝!

1月7日(日)静岡県御殿場市にある東山湖フィッシングエリアでエリアトーナメント2018開幕戦が行われ

記事を読む

エリアトーナメント2015第23戦白馬八方ニレ池大会のエントリーを開始

2015年9月6日(日)長野県、白馬八方ニレ池FCにてエリアトーナメント2015第23戦大会を開催。

記事を読む

吉田真也さん

見せた地元常連の意地!エリアトーナメント第5戦BPinFO!王禅寺で吉田真也選手が優勝!

2015年2月19日(木)に行われた、エリアトーナメント第5戦ベリーパークinフィッシュオン!王禅寺

記事を読む

エリアトーナメント2015第13戦東山湖ALL1on1エントリー開始!

エリアトーナメント2015第13戦東山湖ALL1on1、本日2015年4月14日よりエントリー開始し

記事を読む

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリアトーナメント2019第13戦が

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑