管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2015第27戦五頭フィッシングパーク。伊藤雄大選手が優勝し5年連続総合優勝に大きく前進

公開日: : 最終更新日:2015/11/02 エリアトーナメント , ,

10月24日(日)エリアトーナメント2015第27戦五頭フィッシングパーク大会が行われ、伊藤雄大選手が優勝し5年連続総合優勝に大きく前進。

152705

 大会前日は日中20℃台と暖かい日だったが、大会当日の朝の気温は8℃と冷え込んだ。天候は曇り。地表付近は風がほとんど吹かなかったものの、上空の雲の流れは早く、時より雲の切れ間から日が差していた。
 開始早々は冷え込みのためか、いつもに比べて放流魚が動き出すのが遅かったもののスイッチが入ってからは活性が良く、放直カラーのスプーンが活躍する時間帯となった。続く第2ローテも放直からセカンドクラスのカラーでの反応が良く、第3ローテも強めなカラーでのスプーニングで釣果を伸ばしていたようだ。
 第4ローテからは風が吹き出し、池の上空を雲が通過するたび状況が変化。シルバーカラーの入ったスプーンに好反応を見せていた。第5ローテからは一旦活性が落ち着き、クランクあるいはアンダー1gでの表層引きに良い反応を見せていた。

152706
 決勝トーナメントへは12名が進出。準決勝を経て決勝へは6人が進出した。

 決勝戦は開始直後からトップウォーターへの反応が良く、ハルパーバイブを巧みに駆使した[1]伊藤雄大選手が10本を先取し開幕で大差をつける。しかし状況を察知した他選手も追撃を開始。第2、第3ローテで徐々に差を詰める。最後[3]出口昇選手が2尾差まで詰め寄ったがそこでタイムアップ。[1]伊藤雄大選手が春の五頭大会につづいて秋大会も優勝。今年5勝目と大会史上初の5連続表彰台を達成し、5年連続総合優勝を大きく引き寄せた。

152701

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2015/1527.htm

決勝戦ハイライト

優勝者インタビュー

関連記事

エリアトーナメント2015第14戦釣りキチけん太、地元エース松本亮選手が粘り初優勝

エリアトーナメント2015第14戦が5月17日(日)に群馬県高崎市の釣りキチけん太にて行われ、同釣り

記事を読む

エリアトーナメント2016第16戦群馬FC中ノ沢、狩野選手が初優勝!

7月31日(日)、群馬県前橋市にある群馬フィッシングセンター・中ノ沢でエリアトーナメント2016第1

記事を読む

エリアトーナメント2015第23戦白馬ニレ池 伊藤雄大選手が今年3勝目

9月6日長野県白馬八方ニレ池でエリアトーナメント2015第23戦が開催され、伊藤雄大選手が今年3勝目

記事を読む

エリアトーナメント2015第26戦レイクフォレスト。地元永尾裕二選手が初優勝

2015年10月12日に「エリアトーナメント2015第26戦レイクフォレスト」が開催。レイクフォレス

記事を読む

出口昇

エリアトーナメント2016第15戦足柄CA、出口昇選手が優勝!

9月18日(日)神奈川県南足柄市・足柄キャスティングエリアでエリアトーナメント2016第15戦が開催

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑