管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアマスターズ2015、最終戦からの勢いのままに佐野亘彬選手が優勝!

公開日: : 最終更新日:2015/12/11 エリアトーナメント ,

管理釣り場ドットコム・エリアマスターズ2015が11月29日(日)滋賀県・醒井養鱒場で開催され、佐野亘彬選手が決勝サドンデス戦を勝って優勝。初のマスターオブエリアマスターズの栄冠に輝いた。

153005

 朝の気温は7℃台。池の周囲の紅葉は残念ながら10日ほど先に色褪せてしまったものの、年間上位者による白熱した戦いが繰り広げられた。
 予選開始直後から、時より雨雲が通過するも大きな天気の崩れには至らずスケジュールは順調に消化された。第1ローテは毎度おなじみのハイペースなスプーニング手返し合戦。第2、第3と進むにつれ、徐々に活性は落ち着くもののまだ強めで通せる時間帯。一旦池を休ませた第4ローテは活性が回復するも、その後の第5、6ローテはクランク投入タイムとなった。

153006

 決勝トーナメントには16人が進出。準々決勝、準決勝と勝ち進み、決勝戦へは[1]伊藤雄大選手、[3]佐野亘彬選手、[46]西村実選手 、[47]安藤文芳選手の4選手が進出した。決勝戦前半は[3]佐野選手が7本を取り1尾差で[47]安藤選手、さらに1尾差で[1]伊藤選手が続き後半戦へと折り返す。後半は着実に釣果を重ねる[3]佐野選手に[47]安藤選手が猛追。一時は逆転するシーンもあったが結局同数でサドンデス戦へと突入。追加2尾の先取り勝負となったが、[3]佐野選手が、直前のエリアトーナメント最終戦の勢いのままに2尾先取を決め勝利。初のマスターオブエリアマスターズの栄冠に輝いた。
決勝トーナメント・スコア表

153001

エリアトーナメント・年間表彰

153007

エリアマスターズ・決勝進出者インタビュー

エリアマスターズ・決勝戦ノーカット版

エリアマスターズ優勝者インタビュー

関連記事

苦手なボトムで頑張りました。ハーブ大会は出口選手が優勝!

6月11日ハーブの里フィッシングエリア(長野県)でエリアトーナメント2017第10戦が行われ、出口昇

記事を読む

1717吉田一也

エリアトーナメント2017最終戦平谷湖大会は吉田選手が前年に続き連覇達成!

11月3日(祝)長野県平谷村の管理釣り場、平谷湖フィッシングスポットでエリアトーナメント2017最終

記事を読む

エリアトーナメント2016第5戦瑞浪FPは山崎選手が久しぶりの勝利!

2月28日(日)エリアトーナメント2016第5戦が岐阜県瑞浪フィッシングパークで行われ、愛知県の山崎

記事を読む

伊藤雄大選手今期5勝目!エリアトーナメント2014

エリアトーナメント2014第27戦で伊藤雄大選手が今期5勝目を挙げた。 岐阜県瑞浪市に

記事を読む

エリアトーナメント2016第6戦醒井養鱒場大会は出口昇選手が優勝

3月6日(日)に滋賀県米原市・醒井養鱒場にてエリアトーナメント2016第6戦が行われ、三重県の出口昇

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・久慈川サケ有効利用調査参加者 募集要領

 令和元年(2019年)久慈川サケ有効利用調査参加者を「久慈川漁業協同

サーモンフィッシング
令和元年(2019年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

 那珂川サケ有効利用調査参加者を2019年8月19日(月)より9月2日

エリアトーナメント2019ハーブの里大会は小坂選手がマイクロスプーンで初優勝!

 7月21日(日)ハーブの里フィッシングエリア(長野県池田町)でエリア

松本文雄
エリアトーナメント2019 グリーンパーク不忘大会は松本選手が4年ぶりの優勝

6月30日(日)エリアトーナメント2019第12戦がグリーンパーク不

指宿侑帆
エリアトーナメント2019サンクチュアリ3rdポンド大会は指宿選手の温存作戦がハマり今年3勝目

 6月9日(日)エリアトーナメント2019第11戦がフィッシングサンク

PAGE TOP ↑