管理釣り場ドットコム
トラウトヘラブナバスワカサギ鮎金魚・室内海上釣堀潮干狩り

エリアトーナメント2016第6戦醒井養鱒場大会は出口昇選手が優勝

公開日: : 最終更新日:2016/03/10 エリアトーナメント

3月6日(日)に滋賀県米原市・醒井養鱒場にてエリアトーナメント2016第6戦が行われ、三重県の出口昇選手が優勝した。

160605

 朝の気温は11℃と暖かい朝。雨予報は午後にずれて曇空。町場は5mの風が吹いていたものの醒井養鱒場内では予選中はさほど大会に影響を与えるほどではなかった。朝イチは20分間で最大47対47の好活性状態。サイズがやや小さい上に早いアタリで手元バレも多かったが数が伸びた。その後も強めなカラーでのスプーニングの時間帯が続いた。

160606
 決勝トーナメントへは16人が進出。この時間になるとプラグ系の出番。クランクやミノーが強く上目を早めに引いてくると釣果が伸びたようだ。決勝戦はグラスホッパーやモカで中層上目を引いた出口昇選手が終始安定して釣果を伸ばし優勝を手にした。
160601

WINNING TACKLE

Rod: SPIKE ARROW50 (NORIES)
Reel:’10 STELLA 1000S (SHIMANO)
Line:SUPER TROUT AREA MASTER LIMITED [NYLON] (VARIVAS)
Lure:ELFIN GRASS HOPPER / RODIOCRAFT TUNE (RODIOCRAFT) COLOR:CAFE COKE(KOSHIGAYA TACKLE ISLAND ORIGINAL COLOR)

Rod: 9999 RED WOLF (RODIOCRAFT)
Reel: ’10 STELLA 1000S (SHIMANO)
Line: FLUORO 1.5(SUNLINE)
Lure: MOCCA (RODIOCRAFT)

WINNER’S COMMENT

落ち着いて釣る事を心がけた。予選中も決勝中も良く釣れて楽しかった!

大会ページ

http://www.kanritsuriba.com/taikai/2016/1606.htm

優勝者インタビュー

決勝戦ノーカット版

関連記事

勝利の秘訣はヒットルアーを聞く事?花岡選手が3勝目!

4月23日(日)トラウトポンドNOIKE(千葉市)でエリアトーナメント2017第7戦が行われ、花岡選

記事を読む

エリアトーナメント第16戦高萩ふれあいの里、指宿選手がトップウォーターで冴え2年連続優勝!

エリアトーナメント第16戦高萩ふれあいの里が5月31日(日)に開催。山梨・指宿侑帆選手がトップウォー

記事を読む

中西優也

エリアトーナメント2018第10戦GP不忘大会は中西選手が初優勝!

7月8日(日)グリーンパーク不忘(宮城県白石市)でエリアトーナメント2018第10戦が行われ、中西優

記事を読む

エリアトーナメント・ジュネス

エリアトーナメント2015第6戦FRジュネス・エントリー開始

エリアトーナメント2015第6戦フィッシングリゾートジュネス・10日(火)よりエントリー開始しました

記事を読む

茂木健

エリアトーナメント2018第1戦東山湖FAは茂木選手初優勝!

1月7日(日)静岡県御殿場市にある東山湖フィッシングエリアでエリアトーナメント2018開幕戦が行われ

記事を読む

全国管理釣場情報 道北 道東 道央 道南 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島 新潟 茨城 栃木 群馬 千葉 富山 埼玉 東京 神奈川 石川 福井 山梨 静岡 愛知 長野 長野 岐阜 滋賀 三重 京都 奈良 和歌山 大阪 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 海の管理釣場
青木弘文 エリアトーナメント
エリアトーナメント2018足柄CA大会は地元青木選手が優勝!

10月7日(日)エリアトーナメント2018第13戦が足柄キャスティング

2018年(平成30年)プールフィッシング情報

あの暑かった夏が嘘のように、朝夕涼しさを感じるようになりましたね。

1811ec
エリアトーナメント2018第11戦サンクチュアリ大会は松田憲司選手が優勝

 8月5日(日)三重県いなべ市のフィッシング・サンクチュアリ3号池でエ

静岡 ジュネス
暑さに負けないで2018→19シーズン開幕!アルクスポンド焼津が8月4日(土)リニューアルオープン!

 秋から始まるカンツリシーズンに先がけて一足先にアルクスポンド焼津(静

サーモンフィッシング
平成30年(2018年)・那珂川サケ有効利用調査参加者 募集要項

2018年の募集期間は終了しました  那珂川サケ有効利用調査参加

PAGE TOP ↑