※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2016第14戦で松田憲司選手今期3勝目。

7月3日(日)宮城県白石市、グリーンパーク不忘でエリアトーナメント2016第14戦が開催され、東京・松田憲司選手が優勝。今期3勝目を挙げた。
201614表彰台

 朝の気温は20℃台。朝から細かな雨が降ったり止んだりとはっきりとしない天気。予選中は開始直後~3回戦頃は曇り。放流後の4~6回戦は雨、という日。予選第1ローテは前日放流があったものの高活性というほどでもなく、魚もバイトへの意識も薄く、細かいアタリを取っていく時間帯となる。第2、第3ローテも水が動いている所で上中底を探って1本を引っ張りだす釣りとなる。
 第4ローテ前に放流が入ったものの、放流量の割には魚が働かず引き続き、地味にやる気のある1本探っていく時間帯となる。第5~6頃は雨が強く降りだすと放流魚がようやく動き出したのかA側で数が伸びた。この日釣れた魚はAエリア側が多く、Bエリア側は水の動いているところ以外は厳しい印象だった。
161406様子

 決勝戦は各組上位3人、計12人が進出。25分x2ローテーションで行われた。前半はインAエリア側に入った[23]萬谷成雄選手がスプーンで6本が最大釣果。その後を[1]松田選手と[3]谷選手が続く。後半はインタビューで「後半勝負」と語っていた[1]松田選手がインAエリア側に入り4本を追加し逆転に成功。第11戦高萩大会以来3大会ぶりとなる今年3勝目を挙げた。

161401松田

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2016第14戦
エリアトーナメント2016第14戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦ノーカット版

タイトルとURLをコピーしました