※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

ヒットルアーを見てからの追撃で倉本選手が9年ぶり優勝!

3月26日(日)瑞浪フィッシングパーク(岐阜県瑞浪市)でエリアトーナメント2017第4戦が行われ、倉本勝一選手(京都)が9年ぶりの優勝を手にした。

170405

 気温は3℃台、天候雨、水はグリーン系のステインカラー。3月後半とはいえ桜の蕾もまだ固く、春はまだ少し先かといった状況で大会は行われた。
 予選方式は3人1組による総当たり戦(全3戦)を2セットによる勝ち点方式。 1回戦は冷え込みの中でも放流効果もあってまずまずの立ち上がり。その後の第2、3回戦は雨の影響か活性が下がるもののクランクパターン中心でひっぱり出す展開となる。第4ローテ前に放流が入るが、すぐには反応薄。第5、6ローテは池中央付近に釣果が集まった。
170406
 決勝トーナメントは8人が進出。準決勝4人x2組、決勝は4人で争われれた。決勝は手探りで始まったものの前半[21]青島選手がボトムで手応えをつかむと各選手ともボトムを中心とした組み立てに切り替える。そんな状況下 前半4本、後半4本でまとめた[5]倉本選手が2008年4月以来、約9年ぶりとなる4勝目を手にした。
170401

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2017第4戦
エリアトーナメント2017第4戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

タイトルとURLをコピーしました