※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

苦手なボトムで頑張りました。ハーブ大会は出口選手が優勝!

6月11日ハーブの里フィッシングエリア(長野県)でエリアトーナメント2017第10戦が行われ、出口昇選手(三重)がアクティミニSTやダートランなどボトムでの釣りで優勝した。

ハーブの里フィッシングエリア

 朝の気温は8℃台とこの時期にしては肌寒い朝。天候は晴れ。水色は底石が見える程のクリアー。穂高の雪渓が残る山々を眺めながらの大会となった。
 予選はABC3回戦Wジャッジ方式。総釣果の多い順で上位3名が決勝に進出する。前半第1ローテは恒例の爆釣タイムで池のあちこちで竿が曲がる。15分過ぎあたりから南側Cエリアが息切れてくるも釣果が伸びた時間帯となった。続く第2ローテからは活性のある魚を探していく展開。前日にレギュラー放流されていたブラウンが働いて数が伸びた。途中放流はなかったものの予選中はピーカン、クリアーという状況の中でも活性がある魚が残り、こまめなルアーチェンジで後半も数を重ねた選手が決勝に進出した。

ハーブの里フィッシングエリア

 決勝トーナメントには18人が進出、準決勝8人、決勝4人で行われた。 決勝戦は風上側になって厳しい展開とな状況となった。クランク、マイクロスプーン、ボトムと各選手ともこまめなルアーチェンジを繰り返しながら前半[2]出口昇選手が3本、[4]迫口選手が1本で折り返す。後半になって迫口選手も3本返したが、出口選手も2本を追加し1本差で逃げ切り。今期2勝目、通算15勝目を挙げた。

出口昇

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2017第10戦
エリアトーナメント2017第10戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

タイトルとURLをコピーしました