※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

真夏の中ノ沢はAni製品大活躍!遠藤選手が初優勝!

7月30日(日)群馬フィッシングセンター中ノ沢でエリアトーナメント2017第12戦が行われ、遠藤将一(えんどうまさかず)選手・千葉がストライナ、心、イニシャルGなどAniDesign製品を駆使し初優勝を手にした。

エリアトーナメント2017第12戦

朝の気温は22℃。天候は曇り時々雨。雨雲レーダーの反応はないものの赤城山中腹という条件もあって、ときより弱い雨が落ちるはっきりとしない天気の中、予選が開始された。
予選は6人一組の総当たり方式、10分間早がけ5尾で行われた。開始早々は各エリアとも先がけ5本で時間内決着していたものの、3ローテあたりから徐々に10分を使うエリアも出始めた。8:00頃に途中追加放流が行われると活性が上がると、その後もポツポツ釣れる時間帯となった。終了が早かったエリアは2番、3番、1番と上流側がよく釣れた一方で、6番、7番、8番は手こずったようだった。

エリアトーナメント2017第12戦

決勝トーナメントへは24人が進出。準決勝は3人中1人上がりで決勝へは8人が進んだ。 決勝前半は予選中から好調だった上流側6人の入場にたいして、下流側は2人入場と間隔に疎密が生じた。前半は上流側に入った[22]小林選手と、下流側に入った[24]遠藤選手がそれぞれ4本で後半へと折り返す。エリア移動後に行われた後半は追加が難しい時間帯となったが[24]遠藤選手が1本を追加し、計5本で優勝を手にした。

エリアトーナメント2017第12戦

エリアトーナメント2017第12戦ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2017第12戦
エリアトーナメント2017第12戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

制作中…

タイトルとURLをコピーしました