※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2017最終戦平谷湖大会は吉田選手が前年に続き連覇達成!

11月3日(祝)長野県平谷村の管理釣り場、平谷湖フィッシングスポットでエリアトーナメント2017最終戦が行われ、吉田一也選手が前年に続き優勝、2連覇を達成した。

1717平谷湖大会

 朝の気温は0℃。水はステインカラー。天候は雲一つない快晴。紅葉の進んだ林に囲まれた中、2017の最終戦が行われた。予選第1ローテは恒例の爆釣タイム。[10]川瀬選手の38本を筆頭に30本台が連発した。第2ローテも放流魚が残り[22] 猪子(史)選手の22本。第3ローテは場所差が出たが[12]伊東選手が17本を出した。今回、第4ローテ前に放流が入ると活性が戻り[27]塩沢選手が30本を出すと、第5ローテも[20]秋田、[12]伊東両選手が16本、第6ローテは[2]松田選手が13本と釣れる予選となった。
171706平谷湖
 決勝は12人が進出。準決勝戦は4人中2人上がりを経て、決勝は6名で行われた。その中には今期総合得点トップの[1]出口選手と逆転の可能性を残す[7]安藤選手もいた。10分x3の総釣果で争われた決勝戦、第1ローテは[1]出口選手が5本を取って1歩リードするも、第2ローテで[4]吉田選手が追いつき10本で並び、2本差の8本で[7]安藤選手が追う展開となる。第3ローテは厳しい時間となったが、[7]安藤選手が2本を追加したものの、[1]出口、[4]吉田両選手ともに1本を追加し、出口選手は総合優勝を確定させてサドンデス戦にもつれ込む。
 サドンデスは[4]吉田選手が先取すると続けて追加し勝利。平谷湖大会連覇を達成した。
171701平谷湖

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2017第17戦
エリアトーナメント2017第0戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

タイトルとURLをコピーしました