※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2018第7戦はホームで廣瀬選手が初優勝!

5月20日(日)エリアトーナメント2018第7戦が群馬県前橋市の群馬フィッシングセンター中之沢で行われ、当釣り場インストラクターの廣瀬選手が優勝した。
中之沢

大会の様子

予選の展開

中之沢

 朝の気温は14℃。池はクリア。天候は晴れ/曇り。時より池に日が差したり陰ったりを繰り返し、落ち着きのない空模様の大会だった。。予選は各組4~5人1グループを6か所設け、その中から上位2名が勝ち上がり。1試合15分だが、先に5本を取った方が勝ちという中ノ沢ルールで行った。開始直後の2回戦目までは放流カラースプーンの早掛け戦。それ以後はクランクとマイクロスプーンが投入される時間となった。「魚のアタックはあるが動きが早く掛かりが浅い」手元で落とすシーンが今日はよく見られた。また雲の動きや風の動き、また対岸の選手の入れ替えなどに至るまで、プレッシャーの変化で刻一刻変わり、その都度魚の浮き沈みに対応する場面が見られた

決勝の展開

中之沢

 決勝トーナメントへは12名が進出。準決勝は12分x2による4人中2人上がり。決勝戦は6人での10分x3ローテで行われた。予選から続く流れでヒット数の割にはランディング中の抜けも数多く決勝第2ローテまでは、ほぼ1~2本差のダンゴ状態。最終第3ローテで中ノ沢インストラクターの廣瀬選手が決勝中温存してきたハデ目なチャートカラーのクランクを投入して一気に末脚を爆発。終わってみれば2位に3本差をつけての完全勝利となった。廣瀬選手はエリアトーナメント初優勝。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

大会ページ

エリアトーナメント2018 | 第7戦群馬フィッシングセンター中之沢 - 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました