※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2018第8戦高萩ふれあいの里大会は倉田隼人さんが念願のV

5月27日(日)茨城県高萩市にある高萩ふれあいの里でエリアトーナメント2018第8戦が行われ、ホームの倉田隼人さんが2017年秋に行われた高萩大会2位から一歩前進し、念願の優勝を手にした。
高萩ふれあいの里

大会の様子

予選の展開

高萩ふれあいの里

 朝の気温は15℃。池は新緑が映りこむステインカラー。天候は晴れ/曇り。5月とはいえ山影にいると少し肌寒さを感じる、そんな中予選が始まった。朝イチは放流効果もあり放流系カラーのスプーンが15分程度効き続ける。そこからはクランクの時間帯となる。続く第2ローテ、第3ローテともに魚の反応は残り、クランク、ボトムなどを中心に各選手得意な戦法で挑んで釣果を伸ばしていった。
 第4ローテは後半組の放流回。全員2桁ポイントと釣れる回となった。第5、第6ローテ頃になると少し風が出てきたが反応は良く、数を伸ばせる状況は続いた。

決勝の展開

高萩ふれあいの里

 決勝トーナメントは準決勝(8人)→決勝(4人)。準決勝は4人中2人上がり、決勝戦は前後半各15分のローテーションで行った。決勝前半[17]倉田隼人選手がスタートダッシュに成功し、クランクで9本と2位に4本差をつける。後半は全体的に反応が落ち着いて伸び悩み、結果倉田選手が逃げ切りエリアトーナメント初優勝となった。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

大会ページ

エリアトーナメント2018 | 第8戦高萩ふれあいの里 - 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました