※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2018第10戦GP不忘大会は中西選手が初優勝!

 7月8日(日)グリーンパーク不忘(宮城県白石市)でエリアトーナメント2018第10戦が行われ、中西優也選手が決勝後半に大逆転に成功し初優勝を遂げた。
 

大会の様子

予選の展開

 

 朝の気温は19℃。水温16℃。水は土色のマッディカラー。この日は山沿いの雨雲の通り道で時よりにわか雨となった。  第1ローテは大会用に放流された20cmクラスの魚が良く反応し放流カラーが活躍する時間となった。特に東側Aエリアに寄ってしまったのか片側のスコアが伸びた。  第2ローテは開始5分程度は反応が良かったが、その後は探っていく時間帯となる。表層スプーン、中層プラグ、ボトム、いずれも反応は薄いながらもあり、 うまくパターンにハマると2~3匹パタパタと釣れて、また探すの繰り返し。第3ローテもこんな様子が続く。第4ローテ前に放流が入ると活性は上昇。 今度は両岸とも満遍なく釣れた。第5~6ローテになると活性は落ち着き、また上中下と反応を探る時間となった。

決勝の展開

 

 決勝戦はAB、前後半各組より上位3名の計12人が進出した。決勝前半は東側Aエリアの北寄りに入った[8]根本選手が6本を取り、同じAエリア南寄りに入った [1]安島選手が4本、西側Bエリア南寄りに入った[3]中西選手も4本を取り後半へと折り返す。AB入れ変わった後半、今度はAエリアに入った選手が一斉に巻き返しに入る。 [3]中西選手が7本、[13]池選手も6本を取り逆転に成功。集計の結果[3]中西選手が11本を取って初優勝。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

大会ページ

エリアトーナメント2018第10戦グリーンパーク不忘 | 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました