※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2018第16戦東山湖FA大会はシャイラ1.8gでボトムから。佐藤選手が優勝

 11月24日(土)静岡県御殿場市にある東山湖フィッシングエリアでエリアトーナメント2018第16戦が行われ、佐藤圭選手(埼玉)がシャイラ1.8gのボトム巻き上げ&ボトムトレースで優勝。自身の勝ち星を9に伸ばした。
エリアトーナメント2018

大会の様子

予選の展開

エリアトーナメント2018

 朝の気温は4℃。池の水はオリーブ系のマッディカラー。朝の気温は前日ほどには冷え込まなかったものの冬を感じさせる寒さとなった。一方で池の水温自体はまだ10℃以上と完全に冬の池にはなりきっていない状態。今ひとつタナが絞り切れないタナボケ状態の中予選が始まった。予選は合計4回の対戦勝ち点方式で行われた。開始直後は東ワンドからアウト付近の反応が高く、数こそ大きく伸びなかったものの30cm前後の引き味の良い好型トラウトが連発した。レンジも上中下、スプーン、クランク、バイブレーションいずれも反応がみられたものの、どれもがストロングパターンになりきらないというもどかしい状況に。またこの日は10時頃から北東からの風が入り出すと東ワンド付近も沈黙。難しいコンディションでの予選となった。

決勝の展開

エリアトーナメント2018

 決勝トーナメントへは8名が進出。準決勝から決勝へは4名が勝ち上がった。この時間になってもパターンはバラけ、結局各選手が得意とする釣り方での決勝となった。結果、シャイラ1.8gで「ボトム着底からの巻き上げ」or「ボトム着底からのボトムトレース」で6本を釣った8佐藤圭選手が優勝し通算の勝ち星を9に伸ばした。

優勝者インタビュー

決勝の様子

大会ページ

エリアトーナメント2018第16戦東山湖フィッシングエリア・秋 | 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました