※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2019ウォーターパーク長瀞大会は松田選手が

 3月10日(日)ウォーターパーク長瀞(埼玉県皆野町)でエリアトーナメント2019第4戦が行われ、松田選手がハント0.9gなどを使い、春で浮きだした魚を巧みに誘い勝利した。

エリアトーナメント 2019

大会の様子

予選の展開

エリアトーナメント ウォーターパーク長瀞

 池の水はオリーブ系のステイン~マッッディ色。気温は3℃。朝のうちは風はなく霞がかかったような花曇りという状況の中、予選は始まった。3人1組による勝ち点方式で行われた第1ローテは放流こそなかったものの魚のストックが多い池らしく中層~表層レンジで反応が良かった。最初は池の色の濃さからアピール色の1.5g前後のスプーンを使う選手が多かったが、第2ローテ頃からは徐々に2nd色~3rd色スプーン、またはミディアムクランクなどを使う選手も見受けられた。
 予選後半の第4ローテ開始前に放流が入るも、釣れ方は前半と同じく淡々とした様子。時間が進むにつれ放流魚が回遊しだしたのか1人が釣ると隣同士で釣れるシーンも多く見られ、魚が入ってくるタイミングで得点を伸ばせるかが勝負の分かれ目となるという、まさに魚が動き出す春の池らしい予選となった。

決勝の展開

エリアトーナメント ウォーターパーク長瀞

 決勝トーナメントは16人が進出。4人1組の勝ち上がり方式で準準決勝で16→8人、準決勝8→4人、決勝は4人で行われた。この時間になると風速2m程度の適度な風が入り池はさらに釣り易い状況になった。決勝開始直後、共に準決勝後半でパターンを掴んで1位通過した[22]星選手、[24]松田選手の両選手によるマッチレースの展開に。前半を1本差で折り返した[24]松田選手が後半さらに1尾差をつけ勝利。昨年8月のサンクチュアリ大会以来となる通算6勝目を挙げた。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

大会ページ

エリアトーナメント2019第4戦ウォーターパーク長瀞 | 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました