※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2019 NOIKE大会はクランクで押し通した佐藤剛選手が初優勝!

 3月24日(日)千葉市緑区にあるトラウトポンドNOIKEでエリアトーナメント2019第5戦が行われ、難しい状況下でありながらクランクで数を伸ばした佐藤剛選手が勝利した。

エリアトーナメント2019

大会の様子

予選の展開

エリアトーナメント2019

 池の水はオリーブ系のマッッディ色。気温は3℃。天候は快晴。無風。金曜日頃まで16℃前後と暖かい日が続いてきたが前日から急激に冷え込み、これがどう魚に影響するか?が心配される中、予選は始まった。予選はA-B-A,B-A-Bの3ローテーション。第1ローテは放流がなく魚を探っていく展開に。気温低下で活性が心配されていたが中間~上目でそこそこ反応があった。特にエリアの端端と水が動く噴水まわりに釣果は集中した。第2、3ローテになるとAエリア側は春の日差しに包まれて徐々に活性が上がるかと思われたが意外と釣果は伸びず。局地的にハマった選手が数を伸ばす展開となる。

決勝の展開

エリアトーナメント2019

 放流後の第4ローテも直後はいまひとつ伸びに欠いたが、「すぐには効かない」と言われているNOIKEの放流は第5ローテになるとようやくスイッチが入り、第6ローテも反応良く予選は尻上がりに釣果が伸びた。
 決勝は13人が進出。AB各25分ずつ計50分で争われた。前半Bエリア側の[26]花岡選手、[30]佐藤選手が7本ずつとって他選手を突き放して後半へ折り返す。後半もクランクで押し通せたと語った[30]佐藤選手が後半も安定して7本を追加し、2位に2本差をつけて勝利。エリアトーナメント初優勝を手にした。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

大会ページ

エリアトーナメント2019 第5戦 トラウトポンドNOIKE | 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました