※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメントFF中津川大会、令和最初の優勝は地元小林考至選手!

 5月12日(日)フィッシングフィールド中津川(神奈川県愛川町)でエリアトーナメント2019第8戦が行われ、地元小林考至選手(東京)が地の魚を意識した組み立てで優勝。令和初の勝者となった。
エリアトーナメント2019

大会の様子

予選の展開

エリアトーナメント2019

 朝の気温は16℃。池の色はクリアー。朝の天候は曇り。薄い雲がかかるも時々切れ目から初夏の暑い日差しが降り注ぐ。そんな気まぐれな天気な中予選は始まる。 予選はABC各エリア25分の総釣果で競われた。開始早々の第1ローテは小気味よく竿が曲がる時間帯。放直カラーのスプーンで特にA、Cの両サイドの数が良く伸びた。続く第2、第3ローテは一旦活性は落ち着くもボトム、沖狙いなどで放流魚の残り狙いをする選手が目立った。予選途中放流が入った第4ローテはCエリアが第1ローテ並に釣果が出たものの、ABエリアはまずまずの伸びにとどまった。第5ローテ頃から徐々に晴れの時間帯が多くなり、風がない事もあって厳しい時間帯となる。こうなると地の魚に慣れた地元勢が引き出しの多さを活かして数を伸ばしていった。

決勝の展開

エリアトーナメント2019

 決勝戦へは19人が進出。AB各エリア25分ずつ、50分で総釣果を競った。前半[4]小林、[30]三橋、[38]佐藤潤の地元3選手が6本を取りリードすると、後半もこの3選手が順調に数を伸ばし、結果[4]小林孝至が合計14本を取り、令和初のエリアトーナメント勝者となった。小林選手は前回(17年第14戦)に続き、同釣場2連続優勝。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

大会ページ

エリアトーナメント2019第8戦 フィッシングフィールド中津川 | 管理釣り場ドットコム
タイトルとURLをコピーしました