※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2020浜名湖FR大会は地元の井野選手が8年ぶり2回目の優勝!

2月2日(日)浜名湖フィッシングリゾート(浜松市西区)でエリアトーナメント2020開幕戦が行われ、地元の井野竜也選手が「状況にあわせて拾っていく」釣りで優勝。8年ぶり2回目の優勝を手にした。

エリアトーナメント2020第1戦

大会の様子

 朝の気温は4℃。天候は晴れ。北からの季節風が吹き、水面はやや波立つ状態。水温は10℃。池の色はオリーブ系マッディ。週半ばの暖かい日に一旦は水温が13℃まで上昇するも前日から10℃と低く安定する状況。そんな中予選は始まる。開始直後はスローな展開。トップ、中層に反応が薄いのが分かるとボトムへのアタックに移行していく。オリーブやブラウンなど、池の色に近い色のバイブレーション系ルアーで引き出していく展開となった。続く第2第3ローテもボトムをひっぱり1尾を積み重ねる展開が続く。池全体に細かく放流を入れた後の第4ローテからはスプーンフィッシング、クランクの時間帯。太陽が上がって気温が上昇するとともに水温も上昇すると適度に魚の回遊もはじまり横への反応が高まってくると今度は放直色やセカンド色など、強気のカラーで釣果も徐々に伸び始めた。

エリアトーナメント2020第1戦
 決勝トーナメントは16人が進出。2人中1人上がりの準決勝を経て、決勝戦は8人で争われた。決勝戦は10分x4ローテで行われた。[31]井野竜也選手が毎回3本以上と状況にあわせてコンスタントにポイントを積み重ね合計13本。2位の出口昇選手に2本差をつけて2012年の浜名湖大会以来8年ぶり2回目の優勝を手にした。

エリアトーナメント2020第1戦

WINNING TACKLE

999.9ホワイトウルフ62UL
イグジスト2004 / ロデオチューンver.
RCフロロ0.4号

999.9イエローウルフ61UL ST
ルビアス1003
RCエステル0.35号

ノア1.8g1.5g1g
ノアs1g
モカDR SS
チビパニDR SS

大会ページ

エリアトーナメント2020第01戦 浜名湖フィッシングリゾート | 管理釣り場ドットコム

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

タイトルとURLをコピーしました