※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2015第2戦ならやま沼。横手選手が13年目の嬉しい初勝利!

エリアトーナメント2015第2戦ならやま沼漁場が1月24日(土)行われ、横手里望選手(東京)が初参加から13年で嬉しい初勝利を飾った。

20150206

 前日は西からの風が強かったが、大会当日の朝はほぼ無風。朝の気温は-3.5℃。池の周囲を歩くと霜柱のバリバリという音が小気味よく響く中、大会は始まる。前日営業終了後の放流で魚が池の水温に馴染んだためか、最高21本[41早乙女選手]と好調な滑り出し。比較的池の中央寄りの釣果が伸びた。その裏の後半組は一転してタフコン。最高5本[12小澤選手]やや畑側のAエリアの方が優勢。第3ローテは今度は川側Bエリアの釣果がまさった(最高6本[41早乙女選手])。
 第4ローテ前に放流がはいるが、この放流は今一つ働かない。「ウチの放流パターンは他の釣り場と違って少しクセがあるから通った人じゃないと分からないかも。最初は上で取れる魚もいるがこれは少ない、実は底の方がいい」と釣り場スタッフ宇賀神氏が語るように、この回伸ばしたのは底目レンジでリアクションで取っていた[10谷選手]。第5ローテは放流効果が残ったのかABほぼ均衡でスプーン、プラグ、バイブレーションいずれも反応(最高は6本[2指宿選手])があった。最終第6ローテはA側の釣果が優勢も、この回最高は川側中央に入った[1伊藤雄大選手]の5本。ボトムで反応がなくなればクランク。クランクで反応がなければボトムと丁寧にまとめていた。

20150207
 決勝は各組上位4人、合計16人、前後半30分x2によって争われた。この時間になると僅かに東からの風が時より水面を揺らす程度に吹く。 前半は畑側Aエリアの池中央寄りが伸び、[41早乙女選手]が8本、[35横手選手]が5本と続く。この時川側Bエリアは最大2本と全体的に厳しい状況。サイドチェンジして後半はAB両岸まずまず釣れる時間帯。この時間、着実にバラさず5本の釣果を重ねた[35横手選手]が1尾差で逆転に成功。初参加から13年目にして念願の初優勝を飾った。

TIPs1.放流後の魚の動き

ならやま沼・池
釣り場スタッフ宇賀神氏によると①放流魚は、しばらく放流ポイントに留まったあと、大きく2つのグループに分かれ、徐々に北側に移動していくという。また、②養魚池と釣池で水温差があるのですぐに馴染まず釣れない魚もいる。③人がいないところに溜まる事もある。一人ポツンといる人がいっぱい釣っているのをよく見る。(実際、この日の途中放流は大会競技エリア外の北側に流れたようで60本ちかく釣ったお客さんがいたとの事)。

TIPs2.クランクが強い?ならやま沼の決勝

<過去:ならやま沼・優勝者>
05年 大森 誠 選手 11月27日・改修前 晴れ 風速2.0m 南南西
06年 大森 誠 選手 11月12日・改修前 晴れ 風速5.0m 西南西
07年 柴田洋人 選手 11月11日・改修前 曇り 風速1.0m 北
08年 長 尚義 選手 11月09日・改修前 曇り 風速1.3m 北東
15年 横手里望 選手 01月24日・改修後 晴れ 風速1.9m 東南東
(気象庁・過去の気象データ参照)

優勝者にはクランキングを得意とする選手が多い。08年長選手はスプーンを得意とする印象があるが、この日はクランクが良かったというコメントを残している。開催時期、池の形状こそまばらだが、施行時間はお昼頃からと共通している。決勝の時間帯(12時頃から)はクランクが効く時間帯ではないだろうか?

優勝者プロフィール・インタビュー

横手里望(よこて りぼう) Ribou Yokote
所属チーム:邪悪面 / トラウトアイランド
ウイニングルアー:
ウォンツ・クラピーLUCKY CRAFT
タックル:
BLACK SWAN (Studio Minegishiトラウトアイランド)

東西クラピー王(東:宮城アングラーズヴィレッジ、西:フィッシングリゾート・ジュネス)を制覇するなどクランキングを得意とするアングラー。クラピーを愛しクラピーに愛されつつ、私生活では昨秋結婚で奥様も愛する、愛される人柄。

タイトルとURLをコピーしました