※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2015第7戦NOIKE、伊藤雄大選手がぴったりレンジ調整決めて今期初勝利!

2015年3月8日(日)にエリアトーナメント2015第7戦が千葉県トラウトNOIKEで開催。伊藤雄大選手が今期初勝利を挙げ、5年連続総合優勝に向けて一つ目の白星を飾った。

150705
朝の気温は6℃台。この日の千葉の空は灰色の雲が覆い雨模様。池の色はマッディ。開催週の半ばは3日周期で低気圧が通過し、そのたびに暖かい日と寒い日が入れ替わり魚のレンジも冬のベタ底から春型へと変化してきたのか、中層レンジでも高い活性がみられた。
 第1ローテは事前放流があったものの冷たい雨のせいかスローなスタート。やや魚のサイズが小さいこともあって各選手ともヒットはするものの、ノセきれずに抜けてしまう場面がチラホラ。続く第2ローテも活性は変わらず良いものの釣果に繋がりにくい状況。第3ローテ以後は全体の釣果が落ちてくるが、逆にパターンとレンジを掴んだ選手は一気に数を伸ばしてくる時間帯となった。結局AB前後各グループともに決勝ボーダーは12尾となり、今回は場所差よりはヒットパターンとヒットレンジに気付けたどうかが予選通過の鍵となったようだ。

150706
 決勝は各グループ上位5人、計20人が進出。ABエリアを25分ずつ計50分で争われた。予選後半の流れをそのままに、ココニョロ、フラットフィッシュ等、長めのクランクベイト対決となる。最初Aエリアを選択した[1]伊藤雄大選手が前半7本、Bエリアを選択した[16]前田賢哉選手が前半7本と折り返すと、後半20分[1]伊藤選手は1本差リードの状況で釣り切ったと判断するや、すかさず場所移動。立て続けに2本を追加しダメ押し。今期初優勝を手にした。

150701

優勝者プロフィール・インタビュー

伊藤雄大(いとうゆうだい)Yuudai Itou
所属チーム:
ノリーズ(NORIES)
2011年~2014年、4年連続エリアトーナメント総合優勝。今年も現時点で得点リーディングで、総合優勝を当然狙っているミスターエリアトーナメント。

ウイニングルアー:
予選 モカ(MOCA)
決勝 ニョロ系(フラットフィッシュ系)のクランク。

タイトルとURLをコピーしました