※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2015第8戦千早川マス釣り場。後藤選手が優勝!

エリアトーナメント2015第8戦千早川マス釣り場大会が、2015年3月22日(日)に開催され、後藤幸樹選手が優勝した。

150805

ポンドの状況はクリアー。朝の気温は3℃台と冷え込んだものの、久々の雲一つない快晴。予選が始まるとともに気温は上昇し決勝の頃には20℃近くまで上昇した。予選第1ローテは前日放流もあって竿が曲がる時間帯。特に上池Cエリアは放流直後パターンで平均的に数が伸びた。第2、3ローテは一転、放流の残り狙いでボトムの反応の良い魚を取っていく時間帯に。途中放流が入った直後の第4ローテは再び放直パターン。第5、6ローテ頃はやや水面がさざ波だつ程度の風が吹くと、中層付近で長めのプラグでの反応もあった。

150806

 決勝トーナメントはABC各エリアx前・後半より上位4人計24人によって、4人中2人勝ち上がりで行われた。決勝戦へは最終的に6人が進んだが、そのうち5人が1桁ゼッケンという、今年の上位陣による見応えある一戦となった。
 第1ローテで幸先よく飛び出したのは角位置からスタートした[6]後藤選手が6本を取って2位以下に3本リードする。続く第2ローテは[1]伊藤雄大選手が6本を取り、この回4本を追加した[6]後藤選手に2本差まで詰め寄る。最終第3ローテで[4]佐野選手が7本取って猛追するもこの回3本追加した[6]後藤選手に届かず、結果後藤選手が14年26戦以来となる優勝を手にした。

150801

決勝戦・スコア

6後藤 3花岡 1伊藤 5出口 4佐野 60宮城
1 6 3 2 2 2 1
2 4 1 6 1 2 2
3 3 0 2 1 7 1
TOTAL 13 4 10 4 11 4
  • 各回10分x3ローテーション
  • 優勝者プロフィール・インタビュー

    後藤幸樹(ごとう こうき)Kouki Gotou
    所属チーム:
    ミッドフォッレスト/ MID FOREST
    三重県を中心に活躍するアングラー。直前の地元大会・千早川チャンピオンシップでも優勝と、いま千早川で最も勢いのある選手といってもいいだろう。

    ウイニングルアー:
    決勝 ファクター0.9g (FOREST)、ダートラン(TIMON)

     

    タイトルとURLをコピーしました