※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2015第9戦鬼怒川FA大会。指宿選手が優勝「決め手は太目ラインでしっかりと」

エリアトーナメント2015第9戦が、3月29日(日)栃木県鬼怒川フィッシングエリアで開催され、山梨の指宿侑帆選手が今年の初優勝を飾った。

150905

 ポンドの状況はクリアー。朝の気温は6℃台と冷え込んだものの、日が高くなるにつれて気温は上昇し、決勝戦の頃は20℃近くまで上昇した。予選開始直後は前日放流効果もあって、池全体で釣れる時間帯。しかし、その後の第2ローテからは厳しい状況。ボトムでの反応もいくらか見られたが、ストロングパターンとまでは言えず、もやもやとした時間帯となる。途中放流が入ったあとの第4ローテは、放流ポイントの近くがやや有利となった。続く第5ローテの時間頃から風が北風から南風に変わり、北岸寄りの活性が上がり出すと第6ローテもその流れをひきついだ。

150906

  決勝は各エリア上位4人、計16人が進出。AB各エリア25分ずつの50分間によって争われた。この時間になると薄い雲が空を覆い、時より雲の隙間から春の日差しが池に差し込む。また風も強めに吹いたかと思うえば止んでみたりと、春らしい気まぐれな天候。そんな魚のレンジが掴みにくい条件ではあったが、魚が浮き沈みにうまく対応した[2]指宿選手と[33]深澤選手が8尾と並びサドンデス戦へ。結果[2]指宿選手が2本を先取し、今年初の優勝を手にした。3位には東京・松田憲司選手が入った。

150901

優勝者プロフィール・インタビュー

指宿侑帆(いぶすき ゆうほ)Yuho Ibusuki
管理釣り場で放流しているニジマスを養殖する某大手漁業生産組合勤務。日々の魚と向き合う時間は他のアングラーと比べても、誰よりも長いといって過言ではないだろう。

ウイニングルアー:
決勝 グラスホッパー・ロデオチューン(Rodio Craft / Tackle House)
決勝 ディープクラピー(Lucky Craft)

タイトルとURLをコピーしました