※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2015第11戦東山湖FA、佐野亘彬選手がラン&ガン戦法で春大会2年連覇!

2015年4月19日(日)エリアトーナメント2015第11戦が東山湖フィッシングエリアで開催され、佐野亘彬選手がこまめな移動で自分が釣れる魚を取っていく「ラン&ガン」スタイルで優勝!東山湖の春大会2年連覇を達成した。

151105

 大会当日のポンドの状況は春の東山湖特有のマッディ。シャロー側にはいくらかアオコが発生していたものの、大会への影響はほとんどなかった。東山湖シーズン末期で魚が溜まった状態。大会前週の日曜日はかなりの釣果が上がっていたものの、月曜~水曜の雨で状況が落ちたのか、この日はイージーな釣りにはならかった。それでも中層から上のクランキングで反応はまずまず良く、上位の選手はカラーローテーションで数を伸ばしていた。
  そんな状況下で、場所をこまめに移動しながら釣果を伸ばすラン&ガン戦法で数を伸ばした[5]佐野選手が2位の[6]出口昇選手に8尾差をつけ、2年連続で東山湖(春)大会を制した。3位には伊藤雄大選手が入り、第1戦東山湖新春大会の表彰台の3人の場所が多少入れ替わったものの、安定した強さを見せた。

151101

大会ページ

管理釣り場ドットコム_エリアトーナメント2015・第11戦
管理釣り場ドットコム_エリアトーナメントオフィシャルページへようこそ!全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

佐野亘彬(さの のぶあき)Nobuaki Sano
所属チーム:ロデオクラフト
ウイニングルアー:グラスホッパー(ノブカラー)、モカDR-SS(松本幸雄カラー)、クラピーなど。

大阪を中心に活動するアングラー。ロデオクラフト・フィールドスタッフ「ノブ」の愛称。エリアトーナメント優勝回数4回(今期初勝利)

タイトルとURLをコピーしました