※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2015第18戦ハーブの里FA、北澤選手がホームゲームを制す!

エリアトーナメント2015第18戦が6月14日(日)に長野県のハーブの里フィッシングエリアで行われ、ハーブの里FAをホームグラウンドとして活動している北澤佑樹選手がうれしい地元での優勝を決めた!

151805

 池はクリアー。天候は曇り時々晴れ。風がほとんど吹かず安曇野にしては梅雨時期の湿った空気。そんな中予選が始まった。第1ローテは開始直後は放直カラーが活躍する時間帯。その後はセカンド、サードを投入していく放直パターンのセオリー展開となる。続く第2ローテからは一転してタフコンディション。アンダー1gスプーンや、クランク、またはボトム系のパターンを探りながらの繊細な釣りの時間帯になる。しかしうまくハマれば2本3本と連続するシーンも見られ差のつきやすい展開となる。またハーブの里ならではのサイトフィッシングで積極的に掛けていくパターンも見受けられた。

151806

 決勝トーナメントへは24人が進出。4人中2人上がりで決勝戦は6人によって行われた。 風もほとんどなく魚へのプレッシャーが高い状況下と難しい状況。第1ローテは横並びで差のない展開。続く第2ローテで、ここハーブをホームグラウンドにしている[32]北澤佑樹選手がパターンを掴んで3本を取り、集団を抜け出すと続く第3ローテでも4本を取り、合計8本で地元優勝を果たした。尚、2位にはヤリエ[48]宇仁菅利平選手と地元[41]伊藤俊秋選手が同着で表彰台に上った。

151801

優勝者プロフィール・インタビュー

北澤佑樹(きたざわ ゆうき)Yuuki Kitazawa
所属チーム:
アイビーライン(IVY LINE)
ハーブの里FAをメインに活動すしているアングラー。

ウイニングルアー:
決勝 ハビィ (IVY LINE) シルバー、イエロー系

タイトルとURLをコピーしました