※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2016第5戦瑞浪FPは山崎選手が久しぶりの勝利!

2月28日(日)エリアトーナメント2016第5戦が岐阜県瑞浪フィッシングパークで行われ、愛知県の山崎雅弘選手が優勝!久しぶりの優勝を手にした。

160505

 朝の気温は1℃台。前日まで朝の気温が氷点下だった事を考えると暖かい朝を迎えた。放流直後は反応が良くテンポ良く釣れる時間帯。第2ローテからは徐々に渋くなってくるがまだ横の動きで対応する選手が目立った。その後は1尾を引っ張りだす縦釣りの時間帯になるが、第5~6ローテの頃になり陽が上がってくると魚も浮き出してきて再び横方向も反応も戻り、どのメソッドでも反応を見つけられる時間帯となった。冬池から春池に移行する時期らしく、時間によって池の変化へ対応する1日だった。

160506
 決勝は11時頃から。準準決勝、準決勝は放流効果もあって1号池の奥寄りは横方向の釣りが目立ち、この流れが決勝まで引き継がれるかが注目された。決勝戦前半は横方向の反応を探りあいから始まるがボトムの反応を試しにいった[5]山崎[6]花岡が先行する展開。 後半はボトムを意識した釣りとなるが続けているとスレてくるという様相。時より横方向の釣りを交えて数を伸ばした[5]山崎選手が2本差をつけて2008年の浜名湖大会以来の久しぶりとなる優勝を手にした。

160501

WINNING TACKLE

@For Vibration Setting
Rod: Sensitive Type-S 6001L (STUDIO MINEGISHI)
Reel:EXIST STEEZ Custom 2004 (DAIWA)
Line:PE AREA 0.3 (YAMATOYO)
Lure:PALMBALL(BASSDAY)

@For bottom Bamping setting
Rod:SILVERNA TAKI_SP 58UL-B(TAILWALK)
Reel:EXIST 2004(DAIWA)
Line:BLUE MARK 0.3 (YAMATOYO)
Lure:MOCA DR/F (RODIOCRAFT)

WINNER’S COMMENT

放流にコーホーサーモンが入る事を予想し、コーホーの早い動きに対応できるタックルセッティングを行った。放流は活性が
もっと高いかと思ったが予想以上に動きが遅いと感じた。また掛かりがとても浅くバレ易い状況であった為、ドラグをこまめえに調整しながら対応した。決勝中は、準決勝までに得た情報を信じ、最後まで貫き通した。

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2016第5戦
エリアトーナメント2016第5戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦ノーカット版

タイトルとURLをコピーしました