※「新しい生活様式」により、各釣り場でサービス内容を変更している場合があります。必ずオリジナルホームページ又はSNS等を確認ののちお出かけください

エリアトーナメント2016第9戦釣キチけん太は安定の釣果で佐藤選手が優勝

2016年4月24日(日)、エリアトーナメント2016第9戦が群馬県の釣キチけん太で行われ、終始安定した釣果を出した佐藤圭選手(埼玉)が優勝を手にした。
釣キチけん太
 朝の気温は14℃と暖かい朝。雨の影響ももこの地域はほとんどなかったようで、水の濁りも確認されなかった。予選開始早々は爆釣タイム。例年はアウト側が伸びていたが、今年はイン側が伸びたようだ。その後は中央の沈み岩付近かイン側の反応が良かったようだ。
釣キチけん太
 決勝戦は12人が進出。 決勝前半は予選からの流れで中央の沈み石付近が調子良く、[8]小澤誠選手が6本を取り、[2]佐藤選手、[19]渡辺選手が5本と続く。後半になっても似た状況が続くが[2]佐藤選手が4本を取り逆転に成功。約3年ぶり5度目の優勝を手にした。
佐藤圭

WINNING TACLE

@for slow retleave cranking
Rod:Impact Solid 6’4″ (ValkeIN)
Reel:Vanquish C2000S (Shimano)
Line:Estel 0.4 (VALIVAS)
Lure: KuGa (ValkeIN)

@Follow
Rod:Daybrake (Nories)
Reel:Vanquish C2000S (Shimano)
Line:PE 0.175 (VALIVAS)
Lure:Shine Ride (ValkeIN)

Winning Comment

メインパターンはクーガ、やや早め。表層。グロウカラー。
シャインライドをフォローパターンで。
移動が大事だった。

優勝者インタビュー

決勝戦ノーカット版

タイトルとURLをコピーしました