※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2016第13戦ハーブの里FA、佐藤圭選手が連続優勝!

6月19日(日)、長野県池田町にあるハーブの里フィッシングエリアでエリアトーナメント2016第13戦が開催され、佐藤圭選手が第12戦に引き続き連続優勝を達成した。
表彰台

 朝の気温は17℃。空は霞がかったように薄雲がかかり、風はなく極端に暑くはならなそうな天気となった。一方で池はというとハーブの里らしいクリアな状態から、気持ち色が入った感じのステイン。そんな状況下で大会は始まった。開始早々第1ローテは[4]前田選手の30本を筆頭に20本台が9人出る爆釣タイム。続く第2ローテは活性が落ちてきたというものの、10本以上がが3人出るなどそこそこ反応が残った。第3ローテ以後は徐々に活性は落ちていくなか、水が動いている場所を確保しながら戦っていく展開となった。

161306
 決勝戦へはABC前後半各組x3人で18人が決勝トーナメントへ進出。準決勝3人中1位が決勝戦へ進み。決勝戦は6人によって争われた。準決勝戦の頃から空は黒い雲で覆われ強い南風が吹き出し、決勝戦開始直後は弱い雨も降り出した。決勝前に放流が入ったものの活性にはさほど影響を与えず、淡々と探っていく展開となった。[2]佐藤圭選手は第1ローテに4本、第2ローテに3本、第3ローテに1本と着実に数を伸ばし、2位に2本差をつけ勝利し、前回のFF中津川大会に続き連続優勝となった。

佐藤圭

Winners Comment

@Use Final
Rod: DainsleiF Impact Solid (ValkeIN)
Reel:Vanquish C2000S (Shimano)
Line: Estel 0.4 (VARIVAS)
Lure: Cicada (TACKLE HOUSE)

優勝者インタビュー

決勝戦の様子

編集中

タイトルとURLをコピーしました