※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2016第16戦群馬FC中ノ沢、狩野選手が初優勝!

7月31日(日)、群馬県前橋市にある群馬フィッシングセンター・中ノ沢でエリアトーナメント2016第16戦が行われ、狩野祐太(群馬)が初優勝を手にした。
1616表彰台

 朝の気温は22℃。朝のうちは黒い雲がかかっていたものの、大会開始頃には晴れ渡り、夏らしい暑さの中、大会は始まった。今回予選は7人1組による総あたり戦(グループ内で21戦)、最大10分・5本先取り方式で行われた。開始から3戦目くらいまでは5本先取りで終了していたが、4戦目あたりからは10分間での釣果を競う展開となった。途中放流後は活性が一時的に戻り、放流後2戦くらいは5本先取りで終了していたが、その後はまた10分間で釣果を競う展開となった。全体としてはインレット側の1番、2番エリアの進行が早く、5番、6番のアウト側は反応が鈍かった。朝のうち木陰になった7番、8番は日が陰っているうちはよく釣れていたが、日が高くなるにつれて厳しくなった。

1616様子

 決勝トーナメントへは予選各組上位3人、合計24人が進出した。準決勝は1組、2組各12人の中からそれぞれ上位5名が勝ち上がり、決勝戦は10人によって争われた。
 決勝戦は前半15分、後半15分による総釣果を競う争い。気温は30℃前後、水温は18℃。上空を夏の白い雲が通り過ぎ、時より陰るという状況。前半はイン側ロープ際に入った[46]廣瀬選手が4本を取り先行するが終了間際にかけて[48]諏訪選手とアウト側ロープ際に入った[25]狩野選手が4本と並び前半を終えた。すると後半、今度はイン側ロープ寄りに入った[25]狩野選手が水の流れを上手く使った釣方(※優勝者インタビュー参照)などで4本を取り合計8本に。2位に2本差をつけ、初優勝を手にした。

1616優勝者

Winners Comment/Tackle

大会に向けて行った事:
当日の高活性をいかに取るか
予選中に感じた事:
高活性が残存のタナに混じりはじめていた。
決勝中に感じた事:
魚がスローになっていると判断できたので釣りの組み立てが作りやすかった

Winner’s Tackle
@1
ROD:White Wolf /PROSHOP OOTSUKA LTD 62ML (Rodio Craft)
@2
ROD:White Wolf /PROSHOP OOTSUKA LTD 62UL (Rodio Craft)
@3
ROD:White Wolf 62 UL-e (Rodio Craft)

USE LURES
NOA 1.8g 1.2g 0.6g (Rodio Craft)
TSUBUAN (MUKAI FISHING)

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2016第16戦
エリアトーナメント2016第16戦のエントリー、大会中の様子、結果報告ページ。全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

優勝者インタビュー

決勝戦ノーカット版

タイトルとURLをコピーしました