※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

エリアトーナメント2016第18戦平谷湖FSは吉田一也選手が優勝!

9月4日(日)エリアトーナメント2016第18戦が長野県平谷村「平谷湖フィッシングスポット」にて行われ、吉田一也選手が表層直下をクランクで狙い撃ちエリアトーナメント通算4勝目を挙げた。

エリアトーナメント2016第18戦表彰台

 朝の気温は17℃。九州に接近している台風の影響が心配されたが、わずかな雨がパラつく程度で、ほぼ大会に影響はなかった。上空の雲の流れは速く、時折雲が通過するたびに変化が出るなど、コロコロ変わる状況に対応する面白い天候となった。予選開始早々の第1ローテは34尾を筆頭に釣れる時間帯になる。続く第2ローテは釣れる時間であったが、場所によるムラ差が大きく1号池寄りが強い印象。第3ローテ頃になるとバイトはあるものの徐々にショートになり、予選後半にかけてだんだんと難しくなっていく。第6ローテ頃になると比較的強ポイントだった1号池寄りの端も厳しくなった。

161806

 決勝戦は各組上位4人、計24人が進出。準準決勝、準決勝は12分x2ローテ、4人中2人上がり。決勝は6人で10分x3ローテで行われた。 この時間になるとさすがに難しい時間帯。表層直下だけいくらか反応があり、この少ないチャンスをものにした[3]吉田一也選手が30分で4尾を取り、2位に1尾差の僅差を凌いで勝利。2014年中津川大会以来となる1年10か月ぶり通算4回目の優勝を手にした。

161801

大会ページ

管理釣り場ドットコム・エリアトーナメント2016第18戦
管理釣り場ドットコム_エリアトーナメントオフィシャルページへようこそ!全国の管理釣り場で繰り広げられるトラウトフィッシングの熱い戦い!

WINNERS TACKLE

ROD: 9999 59H / BRONZE WOLF 59MH / 62MLK / 62L-K (Rodio Craft)
REEL: DAIWA EXIST’05
LINE: VARIVAS NYLON 3.0lpd / 2.5lpd
LURE: CICADA (TIEMCO)/ TSUBU_AN (MUKAI)

優勝者インタビュー

決勝戦ノーカット版

編集中
約32分

タイトルとURLをコピーしました