管理釣り場ドットコム 管理釣り場辞典

HOME >> 管理釣り場辞典 >> 管理釣り場の対象魚

管理釣り場の対象魚

 

初心者にも分かり易く簡単に管理釣り場の対象魚を説明します。
より詳しく、知りたい方は魚のイラストをクリックしてください。


ニジマス・サケの仲間(サケ科タイヘイヨウサケ属)
レインボウトラウト(ニジマス)
北太平洋原産。日本ではニジマスとしてなじみの深い外来魚。黒い点が全体にある。管理釣り場の主役の魚。
スチールヘッド
レインボウトラウトの降海型。 海で育つ事で体高がよりいっそう出て、パワフルなファイトをするようになる。
ドナルドソン
アメリカ、ワシントン大学名誉教授、ドナルドソン氏が全米より優秀な種苗を集め35年を費やして作った選抜種。驚異的な成長スピードを持つニジマス。ニジマス界のサラブレッド。
アルビノ(ニジマス)
突然変異で色素の抜けたニジマス。管理釣り場では目印になる魚。
ヤシオマス
栃木県水産試験場で染色体を操作してつくったニジマス。すべてメスとして成長するが卵を持たないため、卵に栄養を取られることなく2〜3キロまで成長する。名前は栃木県の県花ヤシオツツジから。
コーホーサーモン
ギンザケ。烈しくジャンプしたりするので釣りの対象魚としては面白い。食用としても大変人気がある。

ヤマメの仲間(サケ科タイヘイヨウサケ属)
ヤマメ
好奇心は高いが警戒心は強いので釣るにはむずかしい魚。楕円形のパーマークが特徴。

サクラマス
ヤマメの降海型。海に出て成長することでパーマークが消え、体中が銀化(ぎんけ)する。

アマゴ
神奈川県酒匂川を北限に西日本に生息する。ヤマメと同類だが、体中の朱点が特徴。
サツキマス
アマゴの降海型。サクラマス=サツキマスだがサクラマスに比べて海に出ている期間が短いため、最大長はサクラマスより小さい。

イトウの仲間(サケ科イトウ属)
イトウ
元々は北海道にしか生息しない魚であったが、「幻の魚」として釣り人の人気が高く、また養殖も比較的簡単な事もあり、本州の釣場にも積極的に放流されるようになった。国内の淡水魚では最大級の大きさまで成長する。

ブラウントラウトの仲間(サケ科タイセイヨウサケ属)
ブラウントラウト
北大西洋原産の魚。移入種。口が大きく捕食に優れ、岸際を回遊する。
タイガートラウト
ブラウントラウトとブルックのF1。体中に虫食い模様があるため、虎(豹?)柄に見える。

イワナの仲間(サケ科イワナ属)
イワナ
管理釣り場の放流魚はほとんどがニッコウイワナという種類。冷水を好み、強い流れの中や岩のまわりに住んでいることが多い。ダッシュ力に優れている。
ブルックトラウト
アメリカ東部が原産地の移入種。悪食でルアーでもフライでもよくつれる。黄色い斑紋と赤点があるのが特徴。

スポンサードリンク


このページのお問合せは
info@kanritsuriba.com
までお寄せください。

アングラーズラウンジ 最新の話題
 

 

COPYRIGHT KANRITSURIBA.COM, All Rights Reserved
サービスをご利用の皆様へ - 利用規約・プライバシー | 免責事項 | 釣り場でのマナー