エリアトーナメント画像管理釣場ドットコムトップへエリアトーナメントトップページへ
年間登録
参加者の皆様へ

初参加の皆様へ

年間トーナメント登録
基本ポイント配分表
記録室
携帯版
企業・釣り場様へ
会場提供について
企業協賛について
協賛SHOPについて
認定大会について


HOME >> エリアトーナメントTOP >> 基本ルール(2015.10.8追加事項あり)

1章●大会エントリー
エントリーの種類と時期 キャンセルについて
2章●大会ルール
必須装備について 使用タックルについて 取り込みの判定 マナー
3章●大会ポイント取得と計算方法
取得ポイント表 計算方法 (別表へ
補足事項・免責事項
ルール改定に関して 免責事項 


1・大会エントリー
1-1)エントリーの種類と時期

<エントリーに関するルール・優先権>
・大会エントリーに関しては定員どおりとする。
・大会参加者は全て、大会規模と順位に応じたポイントが加算されます。
・エントリーに漏れた場合、次回出場大会の優先出場権を得る(次回1回のみ) ただし現時受付中、または受付を締め切った大会への権利の行使は不可。

優先登録表 (上記ほど優先される)
 
2017年度登録メンバー
2018年度一般
釣り場枠
スポンサー枠
エントリーは釣り場もしくはスポンサーショップにて行う。(優先順位:1位)
一般参加でも最優先される(大会によって人数は異なる)
優先出場権

前回エントリーに漏れた場合に発生。次回出場大会の優先権を得る。
ただし現時受付中、または受付を締め切った大会への権利の行使は不可。
(優先順位:2位)

なし
通常エントリー エントリーに漏れた場合は次回「優先出場権」を得る。
当日キャンセル待ち 一般に対して優先される。 エントリー開始がトーナメント登録者の後になります。


<エントリーの時期>
・大会エントリーは約4週間前より開始される。
・地元枠・優先出場権はエントリー受付より先に開始する事が出来る。
・通常エントリーは先着順で受付される。
 
2017年度登録メンバー
2018年度一般
大会
2ヶ月〜
1ヶ月前

釣り場枠・ショップ枠・優先出場権による登録募集

釣り場枠募集
通常登録
1週間経過
トーナメント登録メンバー&一般エントリー開始(先着順)

特例事項(1-1)
・エントリーに関しては各大会のレギュレーションを優先とする。
・「認定大会」に関しては(1−1項目)は適用しない。各主催者の定めるルールに準拠する。


1-2)キャンセルについて
<出場キャンセルについて>
・やむをえない事情により出場キャンセルする場合は早めにご連絡ください。当日の場合は開催釣り場にご連絡ください。
・出場キャンセルの連絡がなく、当日欠場した場合は「次2大会出場不可」のペナルティを負います。

<遅刻について>
・大会当日の「連絡のない遅刻」はキャンセル扱いとなり、出場権を喪失します。キャンセル待ちの方がいる場合はキャンセル待ちの方が出場します。(参加者が定員に達しない場合は再度エントリーできます)
・「連絡のない遅刻」のペナルティは1度目は注意、2度目以後は「次大会出場不可」となります。
・「連絡があった遅刻」の場合は競技時間中でも到着次第競技に参加できます。




2・大会ルール
2-1)必須装備について
・安全のため、サングラス又はメガネおよび帽子は各自用意の上、必ず着用の事。
 不着用の場合、大会には参加できない。

2-2)使用タックルについて
・大会使用ルアーは市販されたスプーン・プラグのみとする。
(現在開発中の物、販売されていない物、自作の物は使用不可とする。)
※特例2-2a)事前に申請され、当日全競技者が公平に使用される状況であれば使用を許可する。

・下記のルアー及び改造ルアーは大会での使用を禁止する

・スティック(折り目のないストレート形状もしくは非金属のもの)
・ワーム素材のもの
・シンカー
・フライ素材(羽、毛)によるドレスフック
・その他著しく大会判定の公正さを欠くと判断されるもの

判定が不可能なものに対しては当日協議委員に確認ください。

・大会に使用する市販ルアーへの改造は基本的に禁止。但し下記の変更は許可する。

大会レギュレーションに違反しない改造行為
・シングルフック、バーブレスフックへの変更
・カラー変更およびシール貼付
ミノー及びプラグのウエイト・バランス・リップ調整
・ボディへの形状変更は可とする。 ただしオリジナルのフォルムは保たれていること。
→よくある質問



・スプーンのサイズはブレード長18mm未満のものは禁止とする。
・プラグのサイズは、ボディ長20〜70mmまでとする。
・バイブレーション系ルアーについて、2g未満のものを禁止とする。 ※2016年度より
※2-2d補足事項)市販ルアーで20mm〜70mmと表記されているものは可能とする。

・大会で使用するフックは全てシングルバーブレスに限定する。
※2-2b補足事項)フック数は一つのルアーに最大2つまでとする。スプーンの場合は1つのみ。
※2-2c補足事項)同一アイのフック2本掛け(アシストフック)は禁止とする。
※2-2d補足事項)フックおよびスプリットリング、スナップのカラーはゴールド・シルバー・黒とする。
※2-2e補足事項)赤いスレッドは禁止とする。
※2-2f補足事項)スプーン本体とフックの接続は必ず間にリングを1個以上使用すること。
※2-2g補足事項)フックに突起がないものを使用すること。


・竿の持ち込み本数は大会では規定しない。釣り場ルールに従う。

・リールへの規制は現在のところなし。

・ラインへの規制は現在のところなし。

・ラバーネット使用の際は参加者が用意する。
ラバーネットの規格は最長140cmまで、ネット部分の径は55cm未満とする。

・リリーサーの長さに関しては制限は設けない。

・よくある質問

・大会当日によくある質問をまとめてあります。

ダブル・トリプル
バーブ付きフックは禁止
ボディ長にリップは含まない
スティックルアー
 
スプーン2枚重ね
フロント部にフック取付
(2006年8月から禁止)
 

・フロントフックセット禁止について
スプーンは凸面を下にして着底する場合が多く、フロントにフックがあった場合、多くはフックが上を向いた状態であることが多い事になります。フロントフックセットしたルアーは着底後、マスの拾い食いによる動かさない状態でのオートフッキングが確認できました。つきまして2006年8月以降禁止となりました。

使用禁止のルアー・使用禁止検討中のルアー一覧


2-3)取り込みの判定
・ネットインによる判定は、魚がネットのフレームを完全にくぐった段階でカウントとする。
・大会中に魚を陸に上げてしまった場合、その魚は釣果数には含まない(ノーカウント)。
・スレ掛かりはカウントしない。但しフックがエラより前に掛かっている場合、アタックしたとみなしOKとする。
・早掛け勝負の場合、ネットのフレームを魚が通過した時点で判定する。
・水上をすべらしての魚のランディング行為は禁止。
・ラバーネット上での故意のコロガシによる針はずし。
・審判のカウント前(確認の発声前)のネットからのリリース。

2-4)マナー&義務事項
2-4-1
・選手は開会式・表彰式には必ず参加する。
(連絡なく参加しなかった場合、当該大会のポイントは付かない)
2-4-2
・フックをはずす際は魚体には可能な限り触れないでリリースすること。
(網越しに手づかみも不可)
2-4-3
・事故防止のため、大会中の飲酒は禁止とする。
・競技時間中の喫煙は禁止とする。(休憩時間・待機時間・検量待ちの時はOKとする)
2-4-4
・競技時間中に観戦者が競技者へのアシスト(助言・タックルを触る等)は禁止とする。
(ただしハンディキャップのある方はサポートアシストが可能。事前に主催者に申請の事)
2-4-5
・大会中レギュレーション違反の疑い等を発見した場合は、誤解や見間違い等の可能性もありますので選手間での話し合いは避け必ず大会審判員まで届出すること。
2-4-6
・審判はダブルジャッジの審判時にむやみに持ち場を離れてはいけない(トイレや水分補給などやむ負えない場合は隣の審判にその旨を告げすみやかに行動をとること)競技中の選手の進行を妨げた場合ペナルティを課す
2-4-7
・競技時間中のラインのクロスに関して、あからさまなクロスで他の競技中の選手を妨害した場合、審判は協議の上でペナルティを与える事が出来る。
2-4-8
・大会中の順番待ち移動は必ず徒歩にて行うこと。(踵がしっかり地面に付いていること。
)走った事が認められる場合、順番待ちの降着のペナルティが発生する。
2-4-9
・選手はスポーツマンシップに則り行動すること。大会の遅延行為はペナルティの対象となり得る。

特例事項(2-5)
・大会中の状況に応じたレギュレーションの変更は主催者に帰属し、規則に関する苦情は一切受付けない事とする。

2-5-1)サドンデス方式について
大会中の次戦進出者が超過した場合、対象者による10分間のサドンデス戦を行う。
10分間に2本先取した選手が勝ち上がりとなり、10分経過後に1本ずつの選手が複数いた場合は先に1本目を釣った選手を勝者とする。
2-5-2)全体総釣果方式における決勝戦の場所移動について
決勝戦でのローテーションに伴う順番待ちについて、前後半での総釣果での判定の場合は移動可能時間の制限は特に設けない。
 
2-6)大会レギュレーション違反による罰則について
2-6-1
・大会中、上記のレギュレーションに違反した場合、一度目は警告、2度目は退場処分とする。
2-6-2
・出場キャンセルの連絡がなく当日欠場した場合、参加者は次2大会出場不可」のペナルティを負う。
2-6-3
・ラインのクロスなどで他の選手のプレーを妨害した場合、程度と回数に応じて審判は以下のペナルティを科す事が出来る
A)警告※罰則なし
B)加害競技者の並び順を次回最後にする(※ただし競技の最終回の場合はこの罰則の指定はなし)
C)ポイントから1尾マイナスのペナルティ
D)加害競技者の当回の競技時間の中止(並び順も最後)
 
 
 



3・大会ポイント取得と計算方法
3-1)取得ポイント表
別表・大会ポイント表をご覧ください。
3-2)計算方法
別表・大会ポイント表をご覧ください。
3-3)ポイント取得に関する注意事項
・ポイント取得については参加大会全てのポイントが加算され、そのうち上位5戦分のポイントが合算されます。
・全ての大会に出場する義務はありません。


補足事項・免責事項
補-1)補足事項・免責事項
・エントリー・ルールは改定される場合がある。改定された場合は大会トップページにて告知する事とする。
・過去に大会運営に対し、または選手間にトラブルが合った場合、選手のエントリー申請を受付けない場合がある。
・大会中の盗難等のトラブルに関しては一切責任を負えませんのでご注意下さい。 怪我に関しては傷害保険の適用あり。

肖像権

・大会中の風景をカメラおよびビデオ撮影することがあります。写真および映像は管理釣り場ドットコム内およびその他サイト、また雑誌・テレビ放送・その他媒体で公開される場合があります。
大会中の風景を写した著作物の使用許可は主催者に帰属するものとします。





 
ホーム | お問い合わせ | あなたは番目の閲覧者です。

COPYRIGHT KANRITSURIBA.COM, All Rights Reserved
サービスをご利用の皆様へ - 利用規約・プライバシー | 免責事項