※必ず公式ホームページの『潮干狩りカレンダー』を参考にお出かけください!干潮時刻は毎日異なります。

各都道府県の貝毒情報

貝毒とは?

 貝が食べる藻類の影響で二枚貝は毒を体内に蓄積する事があります。各都道府県では定期的に調査を行っており、一定の基準を超えると「出荷規制」がかかります。1980年前半頃までは貝毒による食中毒が発生しましたが、その後は各地のモニタリング調査により市販されている貝による事故は発生していません。有料の潮干狩り会場は定期的な調査が行われています。無料開放で自然繁殖している貝を採取する予定の方はぜひ一度各地の結果を確認ください。

 下痢性貝毒は春~夏にかけて、麻痺性貝毒は春~夏、冬に増える傾向があるとされています。潮干狩り向けの情報は例年5月中~下旬頃に更新される事が多いようです。

貝毒の種類

麻痺性貝毒

自然毒のリスクプロファイル:二枚貝:麻痺性貝毒|厚生労働省
自然毒のリスクプロファイル:二枚貝:麻痺性貝毒について紹介しています。

下痢性貝毒

自然毒のリスクプロファイル:二枚貝:下痢性貝毒|厚生労働省
自然毒のリスクプロファイル:二枚貝:下痢性貝毒について紹介しています。
 貝毒は「熱を加える」といった家庭で一般的な調理方法ではほとんどなくなりません。

日本各地の貝毒情報

 当ページの貝毒情報は「潮干狩り」を対象としています。潮干狩りに適した太平洋側の道府県のリンクをまとめてあります。

北日本

北海道

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ske/contents/kaidokujyouhou/kiseijyouhou.htm

青森

貝毒情報 | 地方独立行政法人 青森県産業技術センター

宮城

貝毒対策

福島

貝毒情報 - 福島県ホームページ

関東

茨城県

貝毒について

千葉県

貝毒検査・原因プランクトン調査結果

神奈川県

貝毒安全対策
貝毒安全対策

東海

愛知県

貝毒情報 - 愛知県
アサリ等の二枚貝は、赤潮プランクトンが原因で希に毒化することがありますが、愛知県は、アサリ日本一の生産県として、消費者に安全なアサリを届けられるよう、定期的なモニタリングを行っています。

三重県

三重県|水産業総合:貝毒検査結果速報
三重県庁の公式ホームページです。報道発表資料や更新情報、県政スケジュールなど県民の皆さんにお知らせしたい情報を掲載しています。

近畿

大阪

漁獲の対象となる二枚貝の貝毒検査結果
漁獲の対象となっている二枚貝(アカガイ、トリガイ、タイラギ及びシジミの4種)について、貝毒の検査結果、貝毒原因プランクトンの最高細胞数及び現在の規制状況をお知らせします。令和6年

兵庫

貝毒情報 | 兵庫県立農林水産技術総合センター 水産技術センター
「食」としての二枚貝の安全確保を目的として、貝毒及びプランクトンの定期監視(アサリ:2月~6月、養殖カキ:10

和歌山

和歌山県ホームページ Wakayama Prefecture Web Site
和歌山県は年度毎に統計ページが変わります。

中国四国

岡山

水産研究所 - 岡山県ホームページ
岡山県は年度毎に統計ページが変わります。

広島

貝毒発生状況 - 広島県

愛媛

お探しのページを見つけることができませんでした。- 愛媛県庁公式ホームページ

九州

佐賀

赤潮・有毒プランクトン情報
赤潮・有毒プランクトン情報 / 佐賀県

大分

佐伯市南部海域における天然二枚貝の採捕・出荷の自主規制について

まとめ

 貝毒の発生はその年によって発生件数が大きく異なります。有料潮干狩り会場に関しては各会場で独自のモニタリング調査を行っていますのでそちらをご覧ください。無料開放されている場所に採取に行く場合は事前に当該海域の情報をよく確認してからお出かけすると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました