エリアトーナメント管理釣場ドットコムトップへエリアトーナメントトップページへ

HOME >> エリアトーナメントTOP >> 2015年第29戦

 
前の大会
次の大会
エリアトーナメント画像
WINNER INTERVIEW

東ワンドがあまりに反応ないので桟橋脇に移動後、反応が良かった。グラスホッパー、ディープクラピーで中層域のレンジを探りながら。

エリアトーナメント2015 第29戦 2015年 11月22日(日)
東山湖FA(秋)
大会は終了しました

  優勝 佐野亘彬さん(大阪)
2位 伊藤雄大さん(静岡)
3位 前田賢哉さん(東京)
表彰台
ラーメン賞
天気は曇り
PICASA

大会中の写真を掲載してあります。
写真の使用はブログ内使用等、個人使用の範囲で行ってください。参加者自身が写っている写真の使用は特に断わりなく利用可能です。他の商用媒体への転載利用時は主催者の許可が必要です。

■大会の様子

 朝の気温は10℃台と例年並みの暖かさ。風向きは前夜から北寄りの風が続き、大会中も終始北からの風が続いた。
 この日、反応が良かったのは桟橋入口のすぐ右脇。大小かなりの魚が溜まっていた。また枯れ松付近も釣果が伸びた。切れ目付近も反応は良く、後半にかけて釣果が上がっていった。 今秋は暖かい日が続いたためタナはまだ秋の中層レンジ。沈降性能が異なるクランクを複数使い分けるのが効果的だったようだ。 一方で不発だったのは切れ目付近を除く国道側から東ワンドにかけての一帯だった。
 魚の付き場を予測して秋の幅広の中層レンジ帯の中から適正なレンジを厳選して釣果を上げていく力量を問われた日となったが、 この難しい状況で抜けてきたのは今春大会優勝の佐野亘彬選手。グラスホッパー、ディープクラピーを使い分けて釣果を集中させ、東山湖春秋2冠に輝いた。

※参考[気象庁ホームページ:2015年11月22日・静岡県・御殿場の気象]


■記録室より

・優勝した佐野亘彬選手は今年2勝目(通算5勝目)
・2位の伊藤雄大選手は6連続表彰台達成 [出場機会・大会史上初]

■過去の大会記録と傾向
03年 / 04年 / 05年 / 06年 / 07年 / 08年春 / 08年秋 / 09年春 / 09年秋 / 10年新春 / 10年春 / 10年秋 / 11年新春 / 11年春 / 11年秋 / 12年新春 / 12年春 / 12年秋 / 13年新春 / 13年春 / 14年春 / 14年秋 / 15年新春 / 15年春 / 15年秋 /
大会エントリーリスト
大会全結果表



■大会運営よりお知らせ
■大会時のタックルの規制












 

COPYRIGHT KANRITSURIBA.COM, All Rights Reserved
サービスをご利用の皆様へ - 利用規約・プライバシー | 免責事項
管理釣り場ドットコム