第23回チャレンジカップinアングラーズベース赤城山・春は中川拓生選手が優勝【大会結果】

アングラーズベース赤城山

 2020年3月7日(土)群馬県前橋市、アングラーズベース赤城山で弊サイト主催による第23回チャレンジカップを開催いたしました。この大会は若手や大会経験が少ないアングラーのための大会として位置づけられた大会で、北関東を中心に31名が集まりました。予選は毎回放流で大変よく釣れる大会となりました。中川拓生選手が優勝しました。

上位入賞者

  • 優勝:中川拓生さん(茨城)

  • 2位:柴岡慶行さん(埼玉)

  • 3位:飯塚公紀さん(群馬)

  • 表彰台

大会成績・データ

大会写真 外部リンク・GOOGLE PHOTO
当日の天気 外部リンク・気象庁

WINNING TACKLE

第23回チャレンジカップ予選

#1
ROD_: Chrono Tact CT6002SUL(Studio Minegishi)
REEL: TD-Z 2004 (DAIWA)
LINE: Fluoro 1.5
LURE: Shaath 1.3g (sauribu)

#2
ROD_: Escloser(Nories)
REEL: 18Stella 1000SSSPG (SHIMANO)
LINE: Ester 0.3
LURE: Ritti 1.0g (sauribu)

-大会に向けての課題・行ったことは?
(スプーン縛りの大会という事で)結構前からスプーンの練習をしました。

-予選中に感じた事は?
 (選手の)皆さんがとても良い方でリラックスして釣りに臨めました。

-決勝中に感じた事は?
 ひらきなおって決勝戦に臨みました。1日を通していい雰囲気を作ってくれた大会参加の皆様、主催者ならびにアングラーズベース赤城山のスタッフの方に感謝いたします。ありがとうございました。

優勝者インタビュー

決勝戦の様子


 1st 00:18 / 2nd 10:33

大会の様子

第23回チャレンジカップ予選

 朝の気温は-2℃。3月とはいえ赤城山中腹の明け方はまだ寒く秋大会同様、寒さに凍えながらの予選開始となった。予選は4人1組の総当たり戦、前後半20分の尾数勝負。勝ち点を争う方式で行われた。今回はスプーン縛りルールで行われた。

第1ローテは着水直後に即巻きで好反応で数が伸びた。第2ローテ以後は毎回放流が入り、基本通りに上から徐々にレンジを刻みつつカラーは強気に1st~2ndでのカラーチェンジが効果的だったようだ。第3ローテ頃から徐々に回遊もはじまり左右の選手が同時に掛けるシーンが多くみられた。ときより50cmアップもまじり楽しい予選となった。

 決勝トーナメントは予選上位16人が進出。準決勝4人中1人上がりを経て決勝戦は4人で行われた。決勝戦前半[1]山崎秀一選手(TIMON)が開始直後にすぐ1本を取るが、徐々に他選手も1本目を上げて[26]中川選手が2本を取って前半を折り返す。難しい状況となった後半も中川選手は2本を取って1尾差でトップを守りきり、大会初優勝を手にした。
[決勝トーナメント]※PDF

【次ページは大会概要など】