※「2022秋」価格改定により、各釣り場で価格を変更している場合があります。必ずオリジナルホームページ又はSNS等を確認ののちお出かけください

噂の『フォルテ2.1g』ブランクスを入手!1.8gと比べてみる【ベルベットアーツ】

フォルテ1.8g 2.1g比較
 2022年8/21、黒保根渓流フィッシングで行われたベルベットアーツイベントでフォルテ2.1gブランクスを入手。フォルテ1.8gと比べてみました。

フォルテ1.8gと2.1g比較

フォルテ2.1g
 基本的にはフォルテ1.8gの板厚違いバージョン。重ねてみるとほぼ同寸(重ねると微妙にはみ出て見える程度の差)。とは云えシルエットはほぼ同じだが実は単純な板厚違いではなく、2.1gの泳ぎを追求するために新たに型を起こしたとの事。

【フォルテ2.1g実測値】
※管理釣り場ドットコム計測
ほぼフォルテ1.8gの公式サイズと同様全長25.5mm x 幅(最大部)11.8mmで良さそうだ

さらにロゴを大きく 一目で分かるように

 刻印のデザインにも小変更が加えられた。フォルテ1.8gではロゴおよび文字部分が凹んでいたが2.1gではエッジの部分が彫られてロゴと数字が浮くデザインに変更となった。シルエットが1.8gと同様のため、一目で見分けられるよう大きく変更したとの事。

カラーバリエーションも変更の可能性

 フォルテ2.1gのプロパーカラーは、フォルテ1.8gとは異なるかもしれない…との事。この春販売された0.9gも一部カラーが変更されていた事から、これは可能性が高いと思われる。また1.8gのプロパーカラーの追加の可能性についても言及がされた。

使いどころ

 2.1gの使いどころは既存の板厚違いスプーン同様、ベースとなるフォルテ1.8gからシチュエーションに応じて少し重さが欲しいという局面での使用が想定される。風の抵抗であったり、沈降スピードの速さが欲しかったり、リトリーブスピードを少し上げたいetc。秋の中層に広く散らばるセンシティブなトラウト攻略にフォルテ1.8gと補完しあう関係で使われそうだ。

比較動画

ベルベットアーツ

Velvet Arts | 伊藤雄大公式サイト
walk with dreams
タイトルとURLをコピーしました