※消費税率改定に伴い今秋各釣り場の料金変動が予測されます。当サイトでは分かり次第更新していきます。「最終価格調査日」を参考に閲覧をお願いします。

栃木・第1回思川サケ有効利用調査を終えて、傾向と対策。

2014年11月16日(日)に栃木県小山市内で行われた第1回思川有効利用調査。その結果について下都賀漁協へのインタビューを行い回答を得ました。

サケ有効2014年

申し込みに関して

  • 2014年9月29日に公募を開始したところ、開始約1時間で50枚のFAXが着信し、この時点で終了となった。
  • 小山市内在住者の申し込みは10%程度だったが、栃木県内全体で約75%。他県25%程度の割合。

    釣法と釣果について

  • 調査の対象はシロサケ(オス、メス問わず)。
  • 当日の総釣果は68尾。最大重量5.7kg。
  • 当日参加した調査資格者のうち、1匹以上の釣果があったのは35人。ボウズは14人。(1人欠席)。
  • 釣法による漁獲高は ルアー>えさ>フライの順だった。しかし1番最初に規定の最大採捕数3尾に到達したのはえさの調査者だった。
  • 調査者の最年少は14歳。(釣果2尾)

    来年度以後の実施はあるのか?

  • 今の段階ではまだ何とも言えない。
  • もし、実施するとしたら第1回の調査アンケートを元に改善を行いたい。

    上記どおり、まだ決定こそされてはいないものの既に鬼怒川漁協(2014年は11月15日・土実施)と日程や実施日数を増やすなど、前向きな意見交換が行われているとの事で、来年もサーモンフィッシングが楽しめそう?な印象を受けました。

    栃木・サケ釣り関係サイト

    管理釣り場ドットコム・サケ有効利用調査
    下都賀漁協ホームページ
    下都賀漁協・釣果(Yahooブログ)
    鬼怒川漁協・平成26年有サケ効利用調査

  • タイトルとURLをコピーしました