※「新しい生活様式」により、各釣り場でサービス内容を変更している場合があります。必ずオリジナルホームページ又はSNS等を確認ののちお出かけください

ズル引き(ずるびき)

ボトムフィッシングの一種。ボトムは水温変化しにくく安定する事から通年で一定量の魚が着きやすい。ズル引きは池の底を這わせるようにルアーを動かし、魚を誘う方法。

ズル引きのコツ

① しっかりボトムまで着底させる
② 早巻きで浮かせないように注意(石など障害物で浮き上がり易い)
③ 魚に拾わせるイメージで

ゆらゆら「ロールさせる動き」、「ふり幅が大きい動き」これらを使い分ける。

ズル引きに向いているルアー

● バイブレーション
● スプーン

ズル引きをするシチュエーション

● 表層・中層の活性が感じられない時(オールシーズン・安定水温を好む魚狙い)※冬場は顕著

ズル引きの注意点

● ボトムを這わせるのでネガカリに注意。(池底が小石が多い河川敷などは注意)
● 硬めのライン(感度重視)を使う。
 → エステルライン、PEライン

関連ワード

● ボトムフィッシング
● バンプ

タイトルとURLをコピーしました