※「新しい生活様式」により、各釣り場でサービス内容を変更している場合があります。必ずオリジナルホームページ又はSNS等を確認ののちお出かけください

日本国内のご当地サーモン・ブランドニジマス

 近年、地域間のサービス競争で「ご当地サーモン」「ブランドにじます」を放流している管理釣り場が増えてきています。ここでは全国各地のブランドにじますを紹介します。管理釣り場の釣魚用途以外にも、食用用途も混在して記載しています。

都道府県

北海道・東北

青森県

青い森 紅サーモン(あおいもりくれないサーモン)[青森県産業技術センター内水面研究所]
 青森県内でつくるサーモン。青森県特産のりんごとにんにく入りのえさを与えて育てています。
海峡サーモン [北彩漁業生産組合]
【食用】津軽海峡の海流で育てたサーモン。荒波にもまれ、引き締まった身と脂のりを実現。赤身。
十和田湖ひめます
 明治時代から始まった歴史あるひめます養殖。陸封型紅鮭。十和田湖がまたがる秋田県と地域団体商標登録。

秋田県

十和田湖ひめます
※青森県欄参照。

宮城県

● 伊達イワナ [宮城県水産試験場] 3倍体
 白身の3倍体。平成28年に商標登録。
● みやぎサーモン[みやぎ銀ざけ振興協議会]
【食用】海面養殖した銀ザケを水揚げ後に鮮度処理を施しています。

福島県

● 阿武隈川メイプルサーモン[林養魚場]
 カナダ、カムループス地方原産のニジマスを日本に移殖し、選抜育成を施しているニジマス界のサラブレッド。フォレストスプリングス系でおなじみの魚。

関東

栃木県

ヤシオマス [栃木県水産試験場] 3倍体
 栃木県水産試験場が開発。2年で2~3キロに成熟する。オレイン酸を多く含むプレミアムヤシオマスも生産・流通されている。赤身は栃木県の県花ヤシオツツジから
頂鱒(いただきます)[神山水産] 成熟型
 アスタキサンチンとオレイン酸を配合した餌で時間をかけて育成する。赤身で食用人気が高い。

群馬県

ギンヒカリ [群馬県水産試験場]
 通常のニジマスより熟成ピークが遅い3年熟成型。温泉旅館等の食用、造り、刺身用途。釣魚としては出荷されない。
ハコスチ [群馬県水産試験場]
箱島系ニジマスとスチールヘッドの交配種。反転して潜るのでヒキの手ごたえが良い。県内の湖沼・渓流河川・管理釣り場の遊漁用途。
森そだちサーモン [大崎養魚場]
 赤城の恵みブランド。4年熟成型を2キロ以上に育てて出荷している。

東京都

練馬サーモン [としまえんフィッシングエリア]
 としまえん(閉園)の冬季プール釣り堀で放流されていた大型サーモン。

山梨県

甲斐サーモンレッド [山梨県要養殖業協同組合]
 湧水量日本一の山梨県で育った1キロ以上のニジマス。エサにぶどうの果皮を添加している。

東海・中部・北陸

長野県

信州サーモン [長野県水産試験場] ニジマスxブラウン(四倍体を使った雑種3倍体)
シナノユキマス [長野県水産試験場]
 ポーランド原産のサケ科コレゴヌス属。卵も直径2mmとワカサギに近い。立岩湖など。

静岡県

●紅富士(あかふじ)
ニジマス養殖日本一の町、富士宮市が育むブランド。バナジウムを含んだ富士の湧水で育てる。2キロ以上の未成熟魚、身色はサーモンカラーチャートが25以上、養殖場所、加工・運搬方法に特徴がある。

富士山サーモン [柿島養鱒]
バナジウム水で有名な猪之頭湧水の環境と”だし”の搾りかすから抽出した独自配合の餌で2.5kg以上に育てて出荷。

愛知県

絹姫サーモン [愛知県淡水養殖漁業協同組合] ホウライマスxアマゴ 雑種3倍体
黒斑点のないホウライマスとアマゴ。餌の魚粉配合比率を減らし、川魚の臭みの要因を低減する工夫をしている。

岐阜県

飛騨サーモン [穂高養魚場] ニジマス
【食用】養殖環境や給餌管理で臭みのない大型マス養殖を実現。

福井県

ふくいサーモン[福井漁連] ニジマス
海面養殖。平成26年より。

中国四国

広島県

広島サーモン [万古渓養魚観光株式会社]
【釣魚・食用】海水温の低い冬場に育成する海面養殖サーモン。七瀬川などでルアーフライで楽しめる。

鳥取県

境港サーモン[ニッスイ] ギンザケ
【食用】美保湾で海面養殖されたギンザケ。ITで効率的な給餌システムで生産。フィッシュポンプでダイレクトに水産工場に搬送。魚体を傷めず活〆が可能。

愛媛県

● 宇和島サーモン
● 愛南サツキマス
● 来島サーモン
● 中島産サーモン

九州

宮崎県

西米良サーモン [井戸内養魚場]
 4年熟成型。海外での人気も高いブランド鱒。

なぜご当地サーモンなのか?

 ご当地サーモンが増えてきている理由の一つとして、サケマスの水揚げが年年減少しつづけている事があげられます。ここ数年サケマスに限らず「歴史的不漁」というニュース記事を毎年目にします。サケマスも計画的に育てて獲る安定供給の時代になりつつあるのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました