※「新しい生活様式」により、各釣り場でサービス内容を変更している場合があります。必ずオリジナルホームページ又はSNS等を確認ののちお出かけください

足柄CAが台風被災を乗り越えて2020年6月8日リニューアルオープン!

 足柄キャスティングエリア(神奈川県南足柄市)が昨年猛威を振るった令和元年台風19号の被災を乗り越えて、2020年6月8日(月)にポンドエリア(ルアー専用池)をリニューアルオープンした。

復旧の様子をSNSで発信

 2019年10月。台風19号は100年に一度と言われる水害をもたらし関東各地に大きな爪痕を残しました。特に山の東側にある地域の被害は大きく、狩川ます釣り場(足柄CA)も養魚施設が全壊するなど大きな被害を受けました。2019年10月に管理釣り場ドットコムが電話取材した折、「復旧は地域のライフラインが優先に作業が行われるので早くて3月頃」という事でしたが、予定は遅れて4月より池の工事がはじまり5月上旬に池は完成。しかし池は完成してみるも世間は100年に一度のパンデミックといわれるコロナ禍の自粛期間。悪いタイミングが重なりました。そしてようやく5月末に神奈川県の緊急事態宣言が解除となり6月8日(月)にリニューアルオープンを迎えました。
  2020年4月からの復旧に向けた工事は進捗ごとにその都度SNSで発信。コロナ禍で自粛期間中の中で、お互い励まし合うコメントは私たちを勇気づけてくれました。(写真提供:足柄キャスティングエリア)

話題の「頂鱒」も放流

 昨秋の台風で養魚施設が全壊し大型鱒のストックがない足柄CA。今回のリニューアルに栃木の神山水産が協力。テレビでも話題になった食べておいしい熟成大型ニジマス「頂鱒」を放流。レギュラーサイズのニジマスだけでなく大型も混じるのでタックルはライトになり過ぎないよう注意が必要です。(写真提供:足柄キャスティングエリア)

当面利用は電話予約を優先

 足柄キャスティングエリア、ポンドエリア(ルアー専用エリア)は約40人程度でいっぱいになるほどの広さ。当面はリニューアルでの混雑防止、また新型コロナの三密を避けるため「事前電話予約者を優先」させて30~35人程度の入場に制限しているとの事。(場所に空きがあればフリーで行って利用も可との事)。
足柄キャスティングエリア Tel.0465-73-2939

河川、ネイティブエリアはこれから工事へ

 狩川ます釣り場(えさ釣り)および、下流区間はフライ、テンカラを楽しめる「ネイティブエリア」ですが、こちらはまだ台風の後、手付かずのまま。これから工事が入るとの事で夏休み頃を目安に復旧できれば、、、との事です。

お出かけの際は、、、

 現在も復旧途中で状況等が変わる場合があります。お出かけの際は必ずオリジナルページで現状を確認してお出かけください。

管理釣り場ドットコム釣り場紹介ページ

足柄キャスティングエリア | 管理釣り場ドットコム
足柄キャスティングエリアは神奈川にある管理釣り場。 金太郎で有名な金時山から流れ出る狩川。その狩川渓流を使った管理釣り場です。 ポンドエリアはルアー専用区域。ネイティブエリアは、ルアー・フライ・テンカラ区域です。「狩川渓谷ます釣り場」区域では、えさ釣りやバーベキューをお楽しみいただけます。

足柄キャスティングエリア ホームページ

足柄キャスティングエリア
足柄キャスティングエリアはルアー・フライ・テンカラ専用の管理釣り場です。
タイトルとURLをコピーしました